植物大図鑑

 

 84歳の植物研究家の本を作っている。南方新社、久々の大型企画である。


 今ではかなり高齢の彼がまだまだ若かったころ、45歳からコツコツと植物画を描き始めた。それは自分のためだったという。


 図鑑を見ても、似た種との区別点はなかなか分からない。せっかく専門家に聞いてもすぐ忘れてしまう。ならば、自分ですぐ分かるようにと、写真では見えない複雑な部分、小さいところ、細かな毛、薄い膜、透明な膜まで、自分で絵に描き込んでいった。まさに細密画だ。


 一つの形になったのは、描き始めてから7年後、52歳のとき。描きためた海辺の植物をまとめて出版した。日本の植物学の権威で、植物に少しでも関心のある人なら知らない人はいない故・初島住彦博士(鹿児島大学名誉教授)が、植物画を目にして絶賛した。

 

 「図鑑の写真は花や実にピントを合わせているので、花や実のない場合は分かりにくい。その点、線画のものが最も分かりやすい」「まことに喜びにたえない」と推薦文まで寄せてくれたのだ。

 それから32年。初島博士の言葉を励みに、84歳になるまで描いた植物細密画は1502種に達した。


 南方新社から何冊も植物図鑑や野草、薬草の本を出している川原勝征さんがこのことを知り、1冊にまとめて出すべきだと、ドサッと原稿を一式置いて行かれた。

 よし、出そう。即決した。


 図鑑や辞典は完全なものほどいい、というのが私の持論である。たとえば小学校の図書館。小学生相手だから、簡単な小学生向きの国語辞典や、小学生昆虫図鑑でいいと大抵の人は思う。実のところ、これはほとんど使い物にならない。大幅に間引いてあるから、調べようと思って探しても載っていないのだ。

 

 私は奄美・徳之島の伊仙小学校を卒業した。蝶を採集していたが、当時の日本の図鑑に載っていないものがほとんどだった。日本の図鑑は使い物にならないと子どもでも分かった。ところが、伊仙小学校の図書館には、何万円もする台湾蝶類図鑑があった。その図鑑には、島の蝶は残らず記載されていた。大人になってから、なんて素晴らしい図書の先生がいたのだ、と何回も振り返った。

 

 1502種。どの九州産植物図鑑よりも網羅性が高く、完全版といっていい。九州中のすべての小学校に置いてほしい。もちろん、小学校に限らず全図書館、全家庭に常備してほしい。図鑑は古くなることはない。半永久的に、ずっと最高の知恵袋であり続ける。
原稿を受け取ってから半年、まだ校正の途中である。刊行までにあと半年はかかる。

 

 3月1日から購入予約の受付を開始する。上下巻1400ページ、1万9440円を予約特価1万5120円。平田浩著『図解 九州の植物』上下巻だ。

 (呈カタログ・電話099-248-5455, info@nanpou.com 南方新社)

 

 

 

 

 


日経新聞で、写真集『加計呂麻島』が紹介

 

 南方新社刊の写真集『加計呂麻島』が、1月22日、1月29日の2週連続の日曜日に、日経新聞に取り上げられた。

 


 1月22日は文化欄。装幀家で名高い司修氏が、加計呂麻島で暮らしていた奥様のみちよさんとそのお父さんを軸に写真集に接している。みちよさんは、50年前に訪れたクライナーをはっきり記憶していた。

 


 「雨が降ればお便所もお風呂も傘をさして入っていただいた」とは、著者の民俗学者ヨーゼフ・クライナーに宿を世話した人の話だ。当時の加計呂麻島は、夕方の2、3時間しか電気が来ず、真っ暗になるからクライナーは「クライナー」と冗談を言って笑わせたという逸話もある。


 大地に両の足をしっかり着け、自然の営みに逆らわず暮らしていた頃の、あまりに静かで穏やかな日々の物語である。

 

 

 1月29日は日経一面コラム「春秋」。奄美世界遺産登録の動きと、若い移住者が増えつつある現状も紹介する。

 

 


 そういえば、先日、奄美大島を訪ねた折、宿の世話になった友人の奥さんが「都会から移住してきた若い人は口をそろえて、島の魅力を生かし切れていないというの」と、もらしていた。

 

 若かったクライナーが、もし今この島を訪れたら、果たして何というだろうか。

 

  

 

 


アラカブ釣り

 

 このところ寒波が来て、気温が下がり続けている。この寒さの中でも、釣り人は海に出かけていく。
 新港から与次郎に向かう海岸近くに、2軒並んだ怪しげなホテルがある。桜島の眺めは最高だろうが、すぐ下の海沿いの堤防からは、刻々と変わる波の風情も楽しめる。


 変わるだけではない。一つとして同じ波はないから見飽きることはない。波にきらめく太陽の光も、同じ輝きはない。一つとして同じ木の葉がないのと同じで、ここに人工物と決定的な違いがある。と、気になるホテルのせいで前置きが長くなった。

 

 実はこの堤防、釣りもできる一等地なのである。


 正月明け、爺さんと婆さんが釣りをしていた。テトラの間に糸を垂らす穴釣りだ。見ている間にアラカブ(和名はカサゴ)を釣り上げた。爺さんは釣り、婆さんは魚を網に入れる係だ。連携した動きはけっこう通ったことを示している。何とも微笑ましい。網の中には5匹入っていた。

 もう1匹釣り上げるまで、と見ていたら根がかりだ。どうしても針がカキやフジツボに引っかかってしまう。糸を切ってやり直し。でもこれは、上手な釣り師でも避けられないこと。


 ふと思った。ここは甲突川河口干潟の埋め立て地ではないか、その昔は、砂地だったのだ、と。堤防ぎわに置いてあるテトラの先は、今でも平坦な砂地なのだ。ウキ釣りで、テトラの向こう側を底ぎわに流せば、根がかりせずに釣れるに違いない。しかも、穴釣りは干潮に限るが、ウキ釣りなら干満を問わない。


 こうして次の週に、早速挑戦することにした。が、寒い。最強の寒波だ。迷った挙句、現場到着は日暮前の4時半過ぎになってしまった。

 仕掛けは穴釣りと同じ。ただ、ウキをつけるだけ。最初にするのは、餌がアラカブのいる底付近を流れるように、ウキ下を調整すること。ウキ下を徐々に深くしていき、ウキが寝たらオモリが底に着いた印。底から20センチに餌が流れるように調整する。

 

 

 スーパーで買った150円のキビナゴを半分に切って餌にする。第1投。餌が底に着いた瞬間、ウキが沈んだ。ゆっくりリールを巻いて、先ず1匹目をゲット。餌をつけて第2投。すぐに食いついてくる。外れなし、入れ食いだ。こうしてものの1時間で10匹釣り上げた。

 

 

 


 アラカブの味噌汁は絶品だ。刺身も、コリコリしてイケル。とても食べきれないから残りは冷凍して煮付けにしよう。1時間で10匹だから、3時間で30匹、5時間頑張れば50匹だ。無限に釣れる。こりゃあ、たまらん。

 

   

 

 

 



プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode