我こそは隼人2

 

 沖縄の「和」の文化に対比して、日本、とりわけこの鹿児島は「武」の文化と呼ばれることがある。床の間に沖縄では三線を飾るが、鹿児島では刀を飾るというわけだ。

 

 島津義弘の敵中突破や、明治維新、西南戦争を武器を手に戦った鹿児島の武士団から、外部には「武」の文化は理解されやすい。自分の先祖も一緒に戦ったと、勘違いしている人も多いが、8割近く、大半の庶民は、八公二民の強搾取にあえぎ、「武」の文化とは全く無縁だった。113の外城(郷)には、年貢を徴収し、庶民を常時監視する郷士が配置されていた。幾重にも階層化された武士団の秩序を守るため、物言わぬ兵を作る郷中教育が、士族の子弟には待ち受けていた。

 

 ナチスもびっくりのファシズム専制支配が貫徹していたと言っていい。そんな中で育まれた「武」の文化だ。

 

 考えてみれば、鹿児島の武士団は平安後期、鎌倉期から荘園管理や、島津氏の領国統治のために畿内や関東から配置され、いつの間にか、支配層として住み着いた者たちである。

 

 沖縄とて、大半の庶民は、三線どころか、どこからかやってきた沖縄士族を養うため、牛馬のごとく働いていたに違いない。

 

 そんな中で、ひときわ目を引くのが、鹿児島の田んぼのほとりに佇んでいる田の神像である。豊穣と子孫繁栄への祈りが凝縮されている。

 

 日本全国、あるいは世界中、どこの地にも、山の神、海の神がいた。鹿児島の田の神は山の神の化身と言われる。春に山から下りてきて田を見守り、秋になるとまた山に帰る。
 はるか昔から続く家族の営みと、人々が日々の糧を得るために流す汗を見守る田の神でもあった。
 中央政治に左右されることなく、他国を攻めたり、攻められたりとは無縁の、土に生きる庶民が作り上げたものである。この人達こそが隼人であった。

 

 徳之島のMA−T計画(原発ゴミの再処理工場)を追い払った島民集会の宣言文に「先祖伝来、苦難の歴史をのりこえてきて、今日この美しい徳之島を見るとき……未だ経験したことのないこの恐るべきたくらみを断じて許すことはできない」という一説がある。土と一体化した腹の座った強さにあふれている。
 原発や原発ゴミの最終処分場は、長く続いてきたこの土地での生存を脅かす、まさに「未だ経験したことのない恐るべきたくらみ」である。


 やはり、私たち鹿児島人がこのたくらみを追い払うことができるかどうかは、先祖への思いと、土への愛着を呼び起こすことができるかどうかにかかっていると思う。

 


我こそは隼人1

 

 10月20日、今日も深夜の1時半である。A5判、2段組み、320Pという分厚い本の、巻末の600項目にも及ぶ脚注の校正をしている。

 

 昼間は、会社にいるとしょっちゅう電話が鳴り、その処理に追われる。細々とした編集雑務というやつである。勢い本の校正などは、昼飯を食べながらとか、深夜焼酎を飲みながらとなる。だが、仕事と割り切っているせいか、ちっとも苦にならない。とりわけ今取り掛かっている本などは、ワクワクしながらやっている。
 タイトルは『奄美 日本を求め、ヤマトに抗う島』。戦後の奄美住民運動史である。


 1970年代、高度成長期の真っ只中のころ、石油コンビナートと原発ゴミの再処理工場の立地が、ほぼ同時期に奄美に降ってわいた。この2大テーマが本書の中心である。川内原発立地も進めた金丸三郎県政(67〜77年まで)の時代である。

 

 後の鎌田要人知事は原子力に否定的だったから、原発という大迷惑施設を持ちこんだ金丸三郎さんの名は、再稼働を許した伊藤祐一郎さんと共に、極悪代官として長く記憶にとどめておかなければなりませんね。

 

 それはともかく、川内原発とは裏腹に、奄美の2大迷惑施設計画は葬り去られることになる。国策ともいえる巨大な力に対して勝利したのは、何よりも奄美人というアイデンティティのなせる業としか言いようがない。

 

 1609年島津氏による琉球侵略以降、与論島以北の奄美諸島を琉球王国から切り離し、島津氏が直轄植民地として支配した。「キビを少し齧っただけで死罪」。江戸期の黒糖搾取の過酷さは、今に至るまで語り継がれている。いわば、奄美の人々の「集団的記憶」である。

 

 奄美では、日本のことをヤマトという。散々自分たちを苦しめた「ヤマト」の言うことは信用するな。理不尽な「ヤマト」の要求には徹底的に抵抗する。そんな気風が潜み、時に爆発する。東京での抗議運動中に40人が逮捕されるという事件が、運動にさらに火をつけた。

 

 この本を読みながら思うのは、鹿児島人のアイデンティティについてである。川内原発増設をはじめ、再有望地として浮上している原発ゴミの最終処分場立地問題が、やがて襲い掛かってくる。
 この鹿児島の大地に根を張り、遥か昔から暮らし続けてきたのは先住民隼人である。今も鹿児島人の8割が隼人の末裔と言っていい。私たちが、この大地を守り抜けるかどうかは、先住民隼人としてのアイデンティティに懸かっているのかもしれない。

 

 紙数が尽きた。続きは次回。


カモ、米を食う

 

 8月21日、出穂。そろそろカモを田んぼから引き上げなければならないのは分かっていた。それでも、まだよかろう、と思っているうちに、ずるずると時は経っていった。

 

 そしてまず、最初の異変が起きた。朝、カモの餌やりに田んぼに寄ったのだが、カモが恐れて近寄らないのだ。いつもは、「早く餌をおくれー」と、ガーガーうるさく集合するのに。ん?なんで。いつもと餌箱の様子が違う。誰かが餌をやった形跡があった。
 集まったカモを棒でつついたか、一羽ちょろまかそうとしたか、連れていた犬がワンワンほえたてたか。いずれにせよ、カモは人生最大の恐ろしい目に遭い、人間不信に陥っていた。

 

「餌をおくれー」と集合するカモ

 

 二番目は、絶望の兆しだ。台風がそれてよかった、稲はちょっと倒れ気味で済んだ、とほっとしたのも束の間。倒れかけた稲にカモが集団で乗っかって、根こそぎ倒しているではないか。穂先の米はない! 米をバリバリ食べていたのだ。米の味をしめたカモは次々に稲を襲い食べ始めた。

 慌てて、罠を仕掛けたのは9月9日。定置網のように一度入ったら、出られないように網を張る。網の周辺には、たんと餌を撒く。

 

 アイガモ農家の橋口さんに、捕らえたカモを運ぶ籠を借りに行ったのだが、いかにも同情した顔で「カモは入らんかもなー」。わざわざ餌におびき寄せられずとも、美味しい米が無限にあるのだから。

 

 案の定、罠には入らない。いつもなら張った当日か翌日には一網打尽にしていたのに。3日経っても、5日経っても入る気配はない。
 宮崎の友人から電話があり、事情を話したら大笑いされた。「アイガモ米をアイガモが食べる。こりゃ愉快、ウケルー」だって。こうしているうちにも、米をバリバリ食べている。悪夢だ。

 

 あまりにも間抜けな話だから、誰にも言わなかったが白状する。以前脱走し確保していたカモを、おとりに使うことにした。足を紐で結んだカモを罠の内側において呼び寄せようという寸法だ。でもきつく結べば血行が悪くなる。手加減して紐を結んだカモを罠に放つ。なんてこった。10秒で紐を振りほどき、仲間の下に戻っていった。

 

 10日後、近所の年寄り2人に加勢を頼んで最後の手段、追い込み漁で何とか捕獲した。今、15羽のカモはトリ小屋の脇のカモ広場で平和に暮らしている。

 

 目出度し、目出度し、とはいかない。昨年までよその5枚の田んぼにいた雀たちが、5枚とも耕作をやめたもんだから、今年はうちの田んぼに居ついてしまったのだ。群れは40羽。朝から晩まで、アイガモ米を食べている。

 

雀に食べられた米



プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode