驚きの車列

 

 夜の10時過ぎ、中央駅前の大通り片側3車線の歩道側の車線は停車中の車が数珠つなぎだ。何だ、これは!
 どこぞの店の大売り出しかと思ったが、こんな夜中にそれはない。変なの、とやり過ごしたが、そこを通るたびに、いつも数珠つなぎの車だ。
 後になって、謎が解けた。学習塾帰りの子を待つ親たちの群れだった。
 注意して見ると、大手の学習塾の周辺では、それこそ何百メートルもの車列ができるが、小規模の塾でも、終わりの時間前には、ちゃんと車の列ができている。
 かわいそうな子供たち。勉強の好きな子なんて、千人に一人もいないに違いない。それなのに学校が終わって、ふー、と息つく間もなく、今度は塾で勉強だ。こんな牢獄のような暮らしで、おかしくならない方が変だ。
 子供たちの不登校が激増していると聞くが無理もない。むしろ嫌なことを嫌と反応するから、まともとも思う。
 私たちの頃は、4、50年前にもなるけど、塾なんてそもそもなかった。どの家庭も余分なお金はなかっただろうし、ちゃんと予習、復習する子がいたら、「やーい、ガリベン」なんて囃し立てられたものだ。だから、もし塾があったとしても、誰もいかないから、すぐに潰れたに違いない。

 勉強ばかりすれば、確かに成績は上がるだろう。かくして、高校、大学はガリベンだらけの、牢獄を牢獄とも思わない子供たちで埋め尽くされていく。高校、大学はそれでもいいかもしれない。
 だが、それを過ぎ、社会に出れば、数学、物理とか世界史とかほとんど無縁の世界だ。大半が日本人相手の仕事だから、英語すらも関係ない。
 だとすれば、それまで苦労したことは20歳過ぎてからの長い人生の中で何の役にも立たないことになる。親もそれは知っているはずだ。役に立たないと分かっていることを、皆で一生懸命、大まじめにやる。原発の避難訓練と一緒で、マンガというほかない。
 あるとすれば、耐える力、か。何も考えず、嫌なことを何時間でも何日でも、何年でもやる。いやいや。これじゃ役に立つどころか、よりよい奴隷のための長期育成システムだ。
 その昔、勉強は長距離走と似ていると思った。どちらも嫌なことだから、集中して、できるだけ短時間で終わらせる。ずっとやり続けるなんて、我慢できないからね。
 いずれにしろ、子供たちがこんなんじゃ、この先ろくな世の中にならないことだけは確かだ。
 南方新社の本でも読んでくれれば、それだけ周りの世界が彩り豊かに広がってくるんだけどなあ。


4月、県議選

 

 長引きそうと思っていた蓄膿も、さらの悠ちゃんが教えてくれたドクダミ療法で、あっという間に完治した。ドクダミがなかったから、ツワの葉をもんで鼻に詰めていた。するとどうしたことか、その翌日、スーッと黄色い鼻汁が流れ出た。ティッシュで拭き取っても、後から後から流れてくる。

 噂に聞く蓄膿完治のサインだ。

 

 3月16日は串木野に出向いた。原発反対の木下かおりさんが、県議選に出るという。その事務所開きだ。
 何か喋れというので、串木野に関係のある話をした。

 

 皆さん、食べ物で串木野名産と言えばなんでしょうか。そう、つき揚げです。
 なぜつき揚げが名産になったかと言えば、魚が一杯獲れたから。川内川から流れ込む養分がプランクトンを育み、潮下に当たる寄田、土川、羽島、串木野に至る岩礁地帯は、それこそ豊饒の海だった。食べきれないほどの魚が獲れるものだから、余った魚や小魚をすり身にしたというわけ。

 

 ところが今、つき揚げの原料の9割が、ロシアのスケトウ。魚が獲れなくなったのだ。漁獲はかつての5分の1。

 串木野の魚が獲れなくなった理由は、串木野市民もほとんど知らないのだが、まぎれもなく川内原発のせいだ。

 

 川内原発は川内川と同じ流量を常時取水している。その取水口で一日3トンの次亜塩素酸ナトリウムを投入して、プランクトン、魚の稚魚、卵を皆殺しにしている。さらに温廃水としてその塩素も放水口から流している。原発から土川、羽島まで、ワカメ、ヒジキといった海藻は全滅だ。藻の生えない海に魚はいない。

 誰も知らない間に、死の海にされていたのだ。

 

 陸上も、串木野は風下だ。排気口から放出される放射能に晒されて、実際健康被害も生じている。まさに踏んだり蹴ったりの街である。

 

 嬉しいことに、原発の寿命は40年と決まった。川内1、2号機は今年で満35年と34年だ。あと5年で原発とはおさらばだ。そうなのだが、寿命の1年前までに20年延長申請ができるという例外規定がある。

 

 申請の時期は、次期県議の任期中だ。こう考えると、あと5年で終わるのか、20年延長を認めるかを決する、重要な県議選である。

 いちき串木野市の木下かおりさんは共産党で、その前に応援に行った薩摩川内市の遠嶋春日児さんは社民党だ。私は政党なんて関係ないのだが、気になることがある。遠嶋さんの会には共産党の顔が見えず、木下さんの事務所開きには社民党の姿がなかった。

 

 野党統一の時代である。原発廃炉に向けて、ぜひ手を結んでほしい。切なる願いだ。

 

原発による海の破壊を詳しく述べた『原発に侵される海』

(水口憲哉著、南方新社)

 


言うのをやめる

 

 昨年秋のことだったか、高校の同窓会があった。終わってから、気の合う4人で2次会に行った。

 

 ふとしたことで、北朝鮮の話になった。一人が、どうしようもない狂った国だから戦争してやっつけなくてはならないと言い始めた。中国も、やっつけろと言う。黙っていられなくて、戦争でひどい目にあうのは、北朝鮮や中国の一般庶民、そしてあんたの子供や孫、親戚を含む日本の一般庶民だ、と反論した。

 

 ところが、残る二人も戦争推進論に味方した。3対1だ。最初は中立を保っていたママさんも敵方に加わり、4対1になってしまった。持ち時間も4対1になるからどうにもならない。結局、こちらから言うのをやめて話題を変えた。後味が悪いのなんの。


 アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の北朝鮮分析サイトが、米朝戦争で東京が核攻撃を受けたら200万人死ぬと発表した。技術の劣る北朝鮮のミサイルが川内原発に当たるはずはないと楽観する人もいる。だが、核兵器は上空600〜1000メートルで炸裂し、半径数キロないし十数キロを一瞬にして破壊する。ということは、原子炉を直撃せずとも数キロ〜十数キロの誤差で、楽々と原発を爆発できるのだ。中国の軍事予算は、来年度も日本の3.5倍と決定している。

 

 こう書いたが、勝ち負けの話ではない。双方ともに膨大な死者が出ることを先ず想定すべきだと言いたいのだ。

 

 昭和8年、太平洋戦争突入直前、『関東防空大演習を嗤う』と書いたのは、信濃毎日新聞主筆、桐生悠々氏である。
 「国民は挙げて、若しもこれが実戦であったならば、その損害の甚大にして、しかもその惨状の言語に絶したことを、予想し、痛感したであろう。というよりも、こうした実戦が、将来決してあってはならないこと、またあらしめてはならないことを痛感したであろう。……従ってかかる架空的なる演習を行っても、実際には、さほど役立たないだろうことを想像するものである。……如何に冷静なれ、沈着なれと言い聞かせても、……逃げ惑う市民の狼狽目に見るが如く、……そこに阿鼻叫喚の一大修羅場を演じ」

 

 起こるべき未来図をこうもはっきり書く新聞は、今では見られない。

 

 そういえば、毎年、数千人を動員し、何億円もの費用をかけて、川内原発の防災訓練(避難訓練)が実施されている。何の役にも立たないと、多くの人が見抜いているのに、新聞・テレビで、そう報道されることはない。

 

 これじゃ、まるで裸の王様だ。笑うほかないことは、大声で笑えばいいのにね。『川内原発防災訓練を嗤う』の記事、出ませんかね。

 



プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode