頑張れ紫尾山

 

 11月9日、1時間かけて、のこのこ宮之城まで出かけた。北薩の最高峰、紫尾山(1067m)に計画されている大規模風力発電のシンポジウムが開かれたからだ。

 

 紫尾山の頂上部を除く尾根筋全域に巨大風車が165基、これまでの日本最大の風力発電の7倍、60万kwというから、原発並みの発電施設になる。

 半年ほど前から聞いていたが、深く考えることはなかった。この日、2時間、じっくり資料に目を通し話を聞くうちに、こりゃすごいと、唸った。

 

 20kmも届くという超低周波音。牛、豚、鶏は餌を食わず、乳も出さず、卵も産まなくなるという畜産被害が想定される。もちろん人間にも影響が出る。特に子供が心配だ。

 

 風車に向かって飛んで行ったワシが一瞬のうちにグシャッと風車の羽根で叩き落とされる映像が流れた。北海道で撮影された映像だ。思わず、ワッと声を上げた。バードストライクというやつだ。聞くと見るとでは大違い。実にたまげた。今回の協賛団体である野鳥の会が反対の声を上げるのも、もっともなことだ。

 

 何より私の脳裏をよぎったのは、紫尾山の昆虫、植物が壊滅的な打撃を受けるということだ。計画されている風車は、鹿児島中央駅の観覧車アミュランの2倍の直径120m、高さも2倍の180mになるという。羽根一枚の長さは60m、柱は90mだ。一体どうやって運ぶのか。

 

 紫尾の尾根筋には林道が走っているが、それはせいぜい5m前後に伐った木材をトラックで運ぶための道だ。山肌に沿って急カーブが連続する林道で、60mの羽根や90mの柱はとても運べない。山を削り谷を埋めた直線の道じゃなければ無理というもの。

 

 かくして紫尾山の尾根沿いの森は大規模な伐採と、土地改変が行われることになる。

 地球は、1万年少し前の最終氷期から徐々に温暖化している。それにつれて、最終氷期の前に進出した北方系の生き物たちは少しずつ北に追いやられてきた。鹿児島では、紫尾山、霧島山、高隈山の尾根筋に生き残ることになる。

 つまり、学術的にも貴重な日本の生物の南限種群が、一瞬のうちに壊滅する危機に立たされているというわけだ。

 

 だが、この事実はほとんど知らされていない。鹿児島大学の生物の教員に「こんなことがあるよ」と話したが、「全然知らなかった」と驚いていた。

 原発もダメだが、再エネという美名に隠れた大規模風力発電も、やめておけと言うほかない。まさに度を越した自然破壊の元凶だ。


知った責任

 

 11月16日、奄美出張が入ってしまった。出版社をしているから奄美の本屋さんへの営業は当然なのだが、編集の仕事が立て込んでいる今、とても営業に割く時間はなく、出来れば避けたかった。
 理由は、骨髄バンクのイベントだ。これまで2年連続2回、地元の音楽家がチャリティーコンサートを開催してくれている。ボランティアだから交通費は出ない。2回とも営業にかこつけて参加していた。
 今回は3回目、鹿児島から他のメンバーも行くのでよかろうと思っていた。だが、イベントに合わせて、奄美のボランティア組織が立ち上がる。この大事な時に何だ、という。実は、私は、かごしま骨髄バンク推進連絡会議というドナー登録を増やすためのボランティアの会の代表をしているのだ。
 今から27年前のこと。Uターンした直後、高校時代の同級生から連絡がきた。私と同じ下宿にいたS君が白血病になったという。同級生と一緒に鹿大の専門医・川上清医師の所へ話を聞きに行ったのを、はっきりと覚えている。生存の手立ては唯一、骨髄移植だけ。移植のためには、何万人に一人という白血球の一致するドナーを見つけなければならない。
 欧米では、その何十年も前から骨髄バンクができていたが、日本では出来たばかり。Uターンして仕事もせず、しばらくのんびりしようと思っていた私は、急いで同級生に呼びかけドナー登録を呼びかける会を作った。
 白血病患者は長くは生きられない。時間との闘いだった。結局ドナーが見つかることなく、感染症(肺炎)で半年後に彼は死んだ。残された嫁さんと二人の幼子が何とも不憫だった。
 それからも、骨髄バンクから抜け出せずに、今でも活動を続けている。「知ってしまった責任」とでも言おうか。
 人は見たいものを見て、聞きたいことを聞くという。骨髄バンクの存在が広く知られるようになった今でも、多くの人が、自分には関係ないと、正面から見ることなく通り過ぎていく。ドナーが見つからず死んでいく人が、毎年1000人いるというのに。
 もう一つは原発。四十数年前、大学の講義で市川貞夫先生から聞いた話。
 原発から日常的に放出される大量の(電力会社はごく微量という)放射能のせいで、原発から近ければ近いほど植物の突然変異が多いという。人間が、がんや白血病になるということだ。事故は破滅的被害をもたらすが、事故がなくても、放射能を出して人を害しながら電力会社は利益を得ている。
 あのとき、電力会社の非道が胸に刻み込まれた。


驚きの車列

 

 夜の10時過ぎ、中央駅前の大通り片側3車線の歩道側の車線は停車中の車が数珠つなぎだ。何だ、これは!
 どこぞの店の大売り出しかと思ったが、こんな夜中にそれはない。変なの、とやり過ごしたが、そこを通るたびに、いつも数珠つなぎの車だ。
 後になって、謎が解けた。学習塾帰りの子を待つ親たちの群れだった。
 注意して見ると、大手の学習塾の周辺では、それこそ何百メートルもの車列ができるが、小規模の塾でも、終わりの時間前には、ちゃんと車の列ができている。
 かわいそうな子供たち。勉強の好きな子なんて、千人に一人もいないに違いない。それなのに学校が終わって、ふー、と息つく間もなく、今度は塾で勉強だ。こんな牢獄のような暮らしで、おかしくならない方が変だ。
 子供たちの不登校が激増していると聞くが無理もない。むしろ嫌なことを嫌と反応するから、まともとも思う。
 私たちの頃は、4、50年前にもなるけど、塾なんてそもそもなかった。どの家庭も余分なお金はなかっただろうし、ちゃんと予習、復習する子がいたら、「やーい、ガリベン」なんて囃し立てられたものだ。だから、もし塾があったとしても、誰もいかないから、すぐに潰れたに違いない。

 勉強ばかりすれば、確かに成績は上がるだろう。かくして、高校、大学はガリベンだらけの、牢獄を牢獄とも思わない子供たちで埋め尽くされていく。高校、大学はそれでもいいかもしれない。
 だが、それを過ぎ、社会に出れば、数学、物理とか世界史とかほとんど無縁の世界だ。大半が日本人相手の仕事だから、英語すらも関係ない。
 だとすれば、それまで苦労したことは20歳過ぎてからの長い人生の中で何の役にも立たないことになる。親もそれは知っているはずだ。役に立たないと分かっていることを、皆で一生懸命、大まじめにやる。原発の避難訓練と一緒で、マンガというほかない。
 あるとすれば、耐える力、か。何も考えず、嫌なことを何時間でも何日でも、何年でもやる。いやいや。これじゃ役に立つどころか、よりよい奴隷のための長期育成システムだ。
 その昔、勉強は長距離走と似ていると思った。どちらも嫌なことだから、集中して、できるだけ短時間で終わらせる。ずっとやり続けるなんて、我慢できないからね。
 いずれにしろ、子供たちがこんなんじゃ、この先ろくな世の中にならないことだけは確かだ。
 南方新社の本でも読んでくれれば、それだけ周りの世界が彩り豊かに広がってくるんだけどなあ。



プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode