穏やかな営み

 

 この下田の事務所に引っ越してきたのは2005年だから、もう13年にもなる。

 

 400坪近い敷地に大喜びして、すぐさま甲突川べりの木市に、ミカン類の苗を買いに走った。どれも1本2000円。八朔の苗を5本買ったら、1本おまけしてくれたのを思い出す。

 

 その八朔も今では根元の直径が20cmくらいに成長して、たわわに実を実らせている。全部合わせて200個は下らない。1個50円とすると全部で1万円になる。すっかり元は取った。しかも、何にも手をかけることなく毎年実を付けてくれる。ありがたい限りだ。
 秋口から色着くのだが、やっぱり年を越さないと甘くならない。

 

 先日、出版の打ち合わせに来た著者などは、袋一杯収穫して行った。それでもまだ鈴なりだ。もちろん無農薬だから、皮はマーマレードが作れるよと、同行の奥様に話したら、とたんに目がキラキラしはじめた。いかにも嬉しそうだ。

 

八朔が鈴なり

 

 焼酎飲みには、小ぶりなスダチがいい。半分に切って焼酎に絞れば、二日酔いはしない。スダチ焼酎を飲むとき思い出すのは、民俗学者の下野敏見さんと、しこたま飲んだこと。これも10個ほど分けてあげた。

 

 スダチの根元に、フキノトウがいい具合に膨らんでいるのを発見。天婦羅にすれば最高だ。天婦羅、天婦羅、と口ずさみながらフキノトウ探しが始まった。これも、10個ほど持って帰ってもらった。

 

フキノトウ発見

 

 下田に来て2年目に建てたトリ小屋は傾いているけど健在だ。6月に農協から仕入れたオス1羽、メス12羽は、全部順調に大人になっている。台風で吹き飛んだ屋根のタキロンも、すぐに修繕してあげた。いまでは、毎日卵を10個は産んでくれる。


 ついでにトリ小屋を覗いたら5個産みたてがあったので、これもプレゼント。有精卵だ!と感動してくれた。37度で18日保温すればヒヨコが生まれるよと伝えたが、もうお腹の中だろう。

 

オスはメスが餌を食べるのを見守る

 

 今年は暖冬だと言うけれど、季節はめぐり、約束通りミカンは実っている。ニワトリは卵を産んでくれる。小社創業の1994年に比べると、出版の市場規模は半分になったという。確かにうちの会社も、売り上げはだんだん落ちてきて、かつての半分くらいになってしまった。

 

 だからどうした。
 ミカンは実り、フキノトウは芽吹き、ニワトリは卵を産んでいる。客人は取り放題だ。この穏やかな営みの中で仕事ができている。これを幸せと呼ばず、なんと言おうか。


福招く田の神様

 

 南方新社を設立してすぐのころから、誘われて有機農業祭「生命のまつり」の実行委員をやっている。
 今年は11月26日(日)、鹿児島駅裏のイベント広場「かんまちあ」である。32回目だから、けっこうな人気で続いてきたことが分かるでしょ。

 

 私の係は振る舞い酒(焼酎)の番人。もちろん振る舞いながら自分でも飲む。正月以外で、唯一朝から飲んでいい日と決めているから、祭りの終わる4時ごろにはフラフラ。毎年完全に出来上がってしまう。
 タダで思う存分飲めるから、みんなも電車かバスで遊びに行こうね。

 

 それはともかく、この「生命のまつり」には神様がいるって知ってた? 大きなクスノキで拵えた田の神様だ。会場では一番いいところから祭りを監督してもらうのだが、祭りと祭りの間の一年間は、実行委員の持ち回りで預かることになっている。

 

 今、南方新社が田の神様をお預かりしている。毎朝、みんなを玄関前に鎮座している田の神様が迎えてくれる。不思議なことに、預かった実行委員のだれもが「やっぱり、いいことが続くね」と声をそろえる。もちろん、南方新社もいいことが続いている。

 

 

 田の神をお迎えした昨秋以来、出した本はことごとく黒字だ。何冊かは印刷費も回収できない悲惨な結果になるのが常だが、それがない。

 

 小社のスタッフに亀好きな新婚さんがいる。金製の小さな亀を奉納した彼女はめでたく懐妊し、8月無事男児を出産した。これも田の神様のおかげと、彼女はたいそう感謝している。

 

 10月3日には、南日本文化賞という権威ある賞を下さると連絡を受けた。南方新社は創業以来23年間、500点、120万冊の本を出した。よく頑張りました、というご褒美だ。
 11月1日、城山観光ホテルで贈賞式があるという。おっと、こりゃあ大変だ。着ていくものがない。よれよれのブレザーしかない、と思ったけどあったのですね、礼服だ。最近葬式でしか着ないけど、白いネクタイを締めればバッチリですね。

 

 さて、ここだけの話、でも言っていいのかな、なんと副賞50万円も貰えるらしい。みんな、内緒にしててね、取り消されたら困るから。
 9月、台風に備えて会社の雨戸を閉めたら、シロアリがびっしり張り付いていた。放っとけばこの豪邸がやられてしまう。退治しようにも業者に払うお金がない。どうしようかと途方に暮れていたところだ。本当にありがたい。

 

 この福を呼ぶ田の神様、11月26日「かんまちあ」にいるから、みんなもご挨拶してくださいね。きっといいことあるから。


向原先生と海に行く


 年が明けても相変わらず慌ただしいのだが、ふと、去年の今頃は青くなっていたのを思い出す。油断して仕事をさぼっていたら、売り上げが大幅に減って、会社の存続も危ないんじゃないの、と思うくらいだった。
 あわてて態勢を整えて、あれから一年、22冊の新刊を送り出した。

 2月刊行の『海辺を食べる図鑑』は順調にはけ、久々に1年のうちに1万部を刷るまでになった。調子に乗って、第2弾、増補版の刊行に向けて、せっせと海に行っては、掲載できていない貝やカニを食べている。30種は追加できただろうか。
 一番のヒットは、赤と白の紅白ナマコ。干上がった岩の上に伸びていたのだが、阿久根の磯に同行した地元育ちの松永さんが「こいつは食べてるよ!」と教えてくれた。実際、恐る恐る食べてみたら、これがまた、うまいのなんの。図鑑で見たら、アカオニナマコという、ちょっと怖い名前だったけどね。

 「海のもので、食べられないものはない」

 これは基本だが、動かないもの、動かないものを食べるものは、要注意だ。
 ナマコの仲間はたいてい海の底に無防備に転がっている。そのままなら、敵に発見されてあっという間に食い尽くされてしまう。だけど、食い尽くされないのは、たいていのナマコは毒(サポニン)を持っているから。

 もう一つ。ウミウシの仲間も、近寄らない方がいい。のろのろ動くので簡単に掴まえられるが、岩に張り付いているカイメンを食うやつがいる。カイメンの毒を体内にため込んで、身を守るというわけだ。だが、このウミウシを食べたら酷い目に合う。ここだけの話、私も、ヤマトウミウシなんていうのを食べて、1回、吐き気と下痢で酷い目にあった。
 もっとも、ウミウシの仲間でうじゃうじゃいるアメフラシは、昔から韓国や壱岐では食べているというし、かの昭和天皇も3回食べたというのは有名。あまりおいしくはないし、たくさんいるから、毒なんか持たなくていいということか。



 この『海辺を食べる図鑑』を手に取った宝島社の『田舎暮らし大募集』が昨年夏に取材に来て、「海の達人」という特集を組んだ。最近では、農文協の編集部が「向原先生と子どもの、海辺を食べる野外学習」を企画してきた。ちょうど、社員の子どもに小学生がいたから、ホイホイと応じた。この連載もこれから始まる。
 これで大手を振って海に行けるというものだ。でも、食べ物獲りに行くのが学習だなんて、それだけみんな海から遠ざかっているということだね。


プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode