なんと週休5日制

 

 明治維新150年だの、西郷どんだの耳にするたびに、当時の鹿児島の民衆、とりわけ大多数を占めていた農民たちの暮らしや意識が気にかかる。

 

 私の姓は向原である。今でも、実家の吉利では、何百年も続いてきたであろう「うっがんさあ祭り(内神様祭り)」を毎年11月にやっている。向原、上原、冨ケ原、上内、下内という5つの姓の代表が集まり、神様を崇める。

 

 神様といってもただの石ころ3つなのだが、信心は鰯の頭ならぬ石ころをも神にする。左結のしめ縄とともに、毎年、神様の台座3つをワラで結って作る。まるで鳥の巣みたいだから、皆「といのす」と呼ぶ。けっこう面倒で、いつの間にか私が「といのす」作りの唯一の伝承者になってしまった。

 

 祭りには神主を呼ぶのだが、その祝詞の中に「向原門(かど)の向原祥隆」という文言が入る。「向原門(かど)」。まぎれもなく、鹿児島独特の江戸期の農民支配の仕組み「門割制度」の名残だ。「門」とは、農民たちが怠けないように作られた、5人組のような単位のこと。門ごとに、年貢を幾らと割り当てていた。

 

 この年貢がハンパではない。「八公二民」、収穫の八割を年貢として持って行かれた。

 吉利の殿様小松家の屋敷とその周辺の麓集落から、遠い向こうの原っぱ「向原門」を、我が先祖は割り当てられた。その下に「上原」、そのまた下のちょっと豊かな「冨ケ原」、そして「上内」「下内」という門が続いた。

 

 明治になって姓を付けるとき、鹿児島の農民たちは、たいてい門の名を姓にした。例の三反園氏、どう見ても門の名ですね。

 明治になって四民平等だ、やれやれ、年貢とはおさらばじゃ、とならなかったのが我が鹿児島。他県の武士があっという間に没落していったのに対し、鹿児島の田舎の武士、郷士たちは土地を持っていたおかげで権力関係を維持し、それは敗戦まで続いた。農民にとってみれば年貢が小作の上納に変わったに過ぎない。

 

 戦後は高度成長期という出稼ぎと集団就職の時代を迎え、過疎・廃村の今に繋がって行く。
 何百年昔と同様、土間に座り込んで今も「といのす」を作っているのだが、よくもまあ「八公二民」の年貢で生きてこられたものだと思う。

 

 ここで気が付くのは、それほど税金で持って行かれることのない今なら、5日のうち1日だけ働いて、年貢の分4日遊んでも生きられるということ。それほど豊かな大地なのだ。


 週に2日も働けば十分。

 逆に言えば週休5日制が成り立つのが鹿児島の田舎なのである。

 

 

 

 


蜂が入った

 

 いい天気が続いている。まさに春の陽気だ。


 私の1反5畝の田んぼはレンゲが満開である。田んぼに続く谷の小道には、ウマノアシガタの黄色い花が咲き乱れ、林の縁には、マルバウツギやハクサンボクが白い小花の塊をいくつもいくつも見せている。
 日陰にはムラサキケマンの花も見える。おっと、こいつは毒草だ。先日花をつけていない柔らかそうな若葉を、セリと間違えそうになった。くわばら、くわばら。

 

 会社の庭には、この下田に移転した13年前に木市で買って植えた八朔が、白い花芽をいっぱいつけている。かなり膨らんでいるから、あと1週間もすれば花盛りだ。
 5月になれば、トリ小屋にヒヨコが入る。去年5月に知り合いの農家から分けてもらった黒ドリは、心配していた通り10羽のうち8羽がオスというさんざんな結果だった。オスは全部食べ尽くし、やっと卵を産むようになった残る2羽のメスもタヌキに持って行かれた。今は無人状態だ。

 

 昨年の内に、下田農協にオス2羽、メス10羽を注文しておいた。こちらはヒヨコの鑑定士が見るからハズレはない。
 ヒヨコが入るのが楽しみでならない。と、トリ小屋の点検がてら、その奥の林の中に置いていた蜂の巣箱を覗いてみた。なんとニホンミツバチが入っているではないか。100匹以上がブンブンしている。やったー。偵察の蜂ではなく、女王蜂を含む群れ本隊がしっかり居を定めてくれたようだ。

 

 昨年は、せっかく入ってくれた群れが、夏前に逃げてしまった。林の向こう側にある空き地で、おっさんが草を燃やしていた。運悪くその煙が巣箱の方に流れてきたのだろう。蜂は極端に煙を嫌う。

 以前、何も知らずに巣箱の近くでバーベキューをしてしまった。その翌日に蜂は集団で脱走した。

 

 発見したその日、風が強くなったけど大丈夫か、日が雲に隠れてしまったけどまだいるかい、夕方になって気温が下がった、日が暮れかけた、とほぼ1時間おきに覗きに行った。今でも、2、3時間おきに見に行っている。無地に居ついてくれ。

 

 人の世はそれぞれに欲があり、思惑があって、いろいろ面倒なことが多い。時には思いもかけない裏切りや恐ろしい仕打ちに晒されることもある。ダメージは尾を引く。

 だけど自然の世界は、突然蜂が逃げたり、木の実が成らなかったりと、がっかりすることはあるけれど、それだけだ。春だ、穏やかな光を浴びて、さあ野に山に出かけよう。

 


屋台村は嫌いだ

 

 中央駅あたりの裏道を歩いていたら、ふと木造の軒(のき)が目に入った。新しいのに、無理して焦げ茶色に塗ってある。
 一瞬の間をおいて、そこが屋台村の裏口だと気が付いた。「かごっま ふるさと屋台村」だ。そして、同時に、長い間の疑問が氷解したのだった。

 

 疑問というのは、中央駅周辺にはしょっちゅう飲みに行くのに、屋台村だけはなぜか足が向かないということだ。「絶対、行くもんか」という気さえしていた。
 新しい木材に、わざわざ焦げ茶色のペンキを塗って古めかしくしてある。ここに象徴されるような、あざとさが鼻についていたのだ。

 

 飲みに行くのは、別に美味しいものとか、美味しい焼酎が欲しいからというわけではない。疲れた体を癒すためだ。そこには安心して飲める雰囲気が必要だ。
 「屋台」という名前は安心感を醸すのに十分だ。きっと何年も何十年も風雪に耐えながら店を続けてきたのだろう、長く続けてきた店なら大丈夫、という先入観を取り込んでいく。ところがこの屋台村は、古いどころか2012年に開店したばかり。おまけに2、3年で店を入れ替えてしまう。2020年末までと終わりも決まっている。初めから、馴染みの客を作って安心させよう、なんて気はさらさらないのだ。

 

 通常「屋台」は水回りもなく、冷暖房もない悪条件の下で営業する。その分、好条件の店よりオヤジは見えない努力をしている。その心意気も「屋台」にひかれる理由の一つだ。
 きちんと区画された場所に、審査され、合格して入る店とは気合の入り方が違う。この誰かに審査されて入居するという屋台村の構図も、なんだか嫌いだ。

 

 多くの屋台がひしめく福岡では、何年か前、歩道が歩きにくいという苦情が絶えないことから「屋台」を規制する動きがあった。もちろんオヤジたちは猛反対に打って出た。今でも、役所との綱引きが続いているようだが、通行できなければ客も来ないわけだから、特に問題にするほどのことはなかった。警察の道路占有許可なんて誰も取らなかったが、それが気に入らなかったのだろうともいわれている。

 

 もともと歩道は誰のものでもない。勝手に歩き、立ち話をし、座り込んで歌を歌い、店を開けばいい。
 飲み食いは人間の本能的な行為だ。そこに、規制やれ審査やれ許可やれ期限なんてものは似合わない。

 

 行ったこともないのに御託を並べたが、あそこが屋台村なんて名前じゃなかったら行ったかも。でも、屋台村なんて名前は、本物の「屋台」のオヤジに、ちょっと御無礼様(ごぶれさあ)じゃないですかね。



プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode