大雨とスッポン

 

 7月3日、朝から降り続く大雨だ。鹿児島市は全戸59万人に避難指示を出し、県内では100万人を超えた。
 市内の小中学校と幾つかの高校は休校となって、早々と翌4日の休みも決めた。ついでに、南方新社も明日は休みにしようと言うと、スタッフからたいそう喜ばれた。
 6時きっかりに帰るスタッフをしり目に、だらだらと仕事をしていると、この大雨の最中、橋口さんからの電話だ。下田、川上で何ヘクタールもの田んぼをこさえる大農家だ。稲荷川の中流が溢れ、田んぼに泥水が流れ込んでいるというニュースが流れていた。咄嗟に、応援要請かと身構えたが、何のことはない。「大きいスッポンが獲れたから、食べるならあげるよ」と来た。川に棲むスッポンが、田んぼに迷い込んだようだ。
 大喜びで貰い受ける返事をした。
 翌朝、雨は大したことはない。市電も市バスも通常通り運行している。学校以外に休みにしていたのは、南方新社だけだったかもしれない。
 まあいいや、とにかく休みだ、と布団に潜り込むと、町内会長からの電話。私の田んぼが大変なことになっているという。
 こりゃ、一大事。小雨の降る中バイクを飛ばし早速駆けつけた。崖が崩れ、田んぼに木々が雪崩れ込んでいる。幸い土砂はあんまり入っていない。アイガモ逃走防止のネットが押し倒され、カモたちはどこかへ消えている。
 でも大丈夫。「オーイ」と声を上げると、ガーガー、ガーガーと大喜びで、どこからともなく走り寄ってきた。と言っても私に懐いているのではなく、「オーイ」の後に撒かれる餌に懐いているのだ。
 ともかく、この日、谷にはチェンソーの音が響き渡り、木々の処理とネットの張り替えで一日が終わった。

 


 大汗をかいた肉体労働の疲れを取るにはスッポン鍋だ。いそいそと橋口さんちへスッポン貰いに出向いた。2キロはある大物だ。会社に戻り、2、3日は泥を吐かした方がよかろうと、唾を飲みながら、発泡スチロールの箱に入れた。逃げたらかなわんと、ふたの上にブロックまで載せておいた。
 翌朝、会社に行くと、ふたが開いているではないか。ブロックも横に転がっている。逃げたのだ。慌てて草むらを捜したが、いない。何人か横一列になって捜す山狩りでもしなければ発見は無理だろう。かくしてスッポン鍋はあっけなく霧消した。
 でも、スッポンとて命懸け。必死にふたをこじ開けたのだ。今頃どこかの水辺にたどり着いているだろう。スッポンの身になれば、自由を取り戻せて、万歳!だ。

 

 

 


やる気なし!

 

 

 一昨日の午後、それまで何ともなかったのに、急に鼻水が流れ出し、目の下の頬の奥と、同じ側の上の歯が激しく痛み出した。熱も出てきたようだ。計ってみると37度1分、私にとっては高熱だ。

 鈍痛の中で、すっかりやる気は萎え、何もする気が起こらない。最近、相次いで60代の知人が亡くなったが、死ぬときはこんな感じかな、と思った。


 残された人が苦労しないように、ちゃんと整理して死んだ方がいい、と聞いたことがある。大抵の人が突然死んでしまうから、残された人が苦労するらしい。ここもよく分からない。整理するのが面倒なら放っておいてもいいではないか。

 

 死んだ後の話だけど、火葬場ですっからかんに焼かれるより、山の中で朽ち、小動物や昆虫の餌になった方が世の命のためになる、なんてことも思った。畑でも、草刈りの後によく草を燃やしているけど、有機物はすべて灰(炭素)になって空中に飛散していく。畑で腐らせれば立派な肥料になるのにね。

 

 しかし考えてみれば、いつ死ぬか分からないのに、世の大半の人があくせく働いているのは不思議な話だ。確かに若いころ、死にリアリティはあまりなかった。だが、62歳になった。すぐ隣にいる。

 

 いま、3月納品の本が7冊立て込んでいる。大学関係だ。3月が年度末だから、それまでに仕上げなければ困るらしい。知り合いに話したら、南方新社も、年度末に急に公共工事で忙しくなるのは土建屋と一緒だと感心された。


 それはともかく、3月に刊行するなら11月中には原稿を出して下さいね、なんてお願いしていたが、そこはわが道を行く教授様たち。12月に1本入ったっきり。あとは全部1月、酷い1本は2月になってから入る始末。催促しなかったのが悪いんだろうが、こちらもすっかり忘れていた。

 

 その手に限って無慈悲な校正が入る。挿入してある英文字がイタリックとそうでないものが混在しているから、すべてイタリックでないものにしてくれと、注文が入ったりする。これは、自分でいちいちチェックするのが面倒だから、全ページ細かく見てね、ということだ。

 一瞬頭に血が上り、えいっと校正紙を放り投げてしまった。

 痛みに耐えきれず、昨日草牟田の飯田耳鼻科に走ったら、案の定、蓄膿だ。こいつは長引きそうだ。

 

 来た仕事は断らないのが南方新社の流儀だ。そうである限り、のんびり仕事ができる日は来そうにない。いつ死ぬか分からないのに、ね。


なんと週休5日制

 

 明治維新150年だの、西郷どんだの耳にするたびに、当時の鹿児島の民衆、とりわけ大多数を占めていた農民たちの暮らしや意識が気にかかる。

 

 私の姓は向原である。今でも、実家の吉利では、何百年も続いてきたであろう「うっがんさあ祭り(内神様祭り)」を毎年11月にやっている。向原、上原、冨ケ原、上内、下内という5つの姓の代表が集まり、神様を崇める。

 

 神様といってもただの石ころ3つなのだが、信心は鰯の頭ならぬ石ころをも神にする。左結のしめ縄とともに、毎年、神様の台座3つをワラで結って作る。まるで鳥の巣みたいだから、皆「といのす」と呼ぶ。けっこう面倒で、いつの間にか私が「といのす」作りの唯一の伝承者になってしまった。

 

 祭りには神主を呼ぶのだが、その祝詞の中に「向原門(かど)の向原祥隆」という文言が入る。「向原門(かど)」。まぎれもなく、鹿児島独特の江戸期の農民支配の仕組み「門割制度」の名残だ。「門」とは、農民たちが怠けないように作られた、5人組のような単位のこと。門ごとに、年貢を幾らと割り当てていた。

 

 この年貢がハンパではない。「八公二民」、収穫の八割を年貢として持って行かれた。

 吉利の殿様小松家の屋敷とその周辺の麓集落から、遠い向こうの原っぱ「向原門」を、我が先祖は割り当てられた。その下に「上原」、そのまた下のちょっと豊かな「冨ケ原」、そして「上内」「下内」という門が続いた。

 

 明治になって姓を付けるとき、鹿児島の農民たちは、たいてい門の名を姓にした。例の三反園氏、どう見ても門の名ですね。

 明治になって四民平等だ、やれやれ、年貢とはおさらばじゃ、とならなかったのが我が鹿児島。他県の武士があっという間に没落していったのに対し、鹿児島の田舎の武士、郷士たちは土地を持っていたおかげで権力関係を維持し、それは敗戦まで続いた。農民にとってみれば年貢が小作の上納に変わったに過ぎない。

 

 戦後は高度成長期という出稼ぎと集団就職の時代を迎え、過疎・廃村の今に繋がって行く。
 何百年昔と同様、土間に座り込んで今も「といのす」を作っているのだが、よくもまあ「八公二民」の年貢で生きてこられたものだと思う。

 

 ここで気が付くのは、それほど税金で持って行かれることのない今なら、5日のうち1日だけ働いて、年貢の分4日遊んでも生きられるということ。それほど豊かな大地なのだ。


 週に2日も働けば十分。

 逆に言えば週休5日制が成り立つのが鹿児島の田舎なのである。

 

 

 

 



プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode