幻の怪魚

 

 9月7日、坊津へ釣りに行った。
 鹿児島にUターンする前に勤めていた会社で、30年程前に一時名古屋支社にいたことがある。その時に世話になった取引先の知人が、なぜか、縁もゆかりもない坊津で民宿を始めたのだ。屋号は「夕焼け」。2012年の知事選の折にも、はるばる名古屋から応援に来てくれた。実に気のいい人間だ。
 おまけに、小学6年の息子は、目の前の海で腕の太さほどのマゴチを何本も釣り上げているという。行かぬわけにはいかない。
 マゴチは先ず小魚を釣って、それを餌にして置き竿で待つ。狙いをマゴチに据え、竿を4本抱えていそいそと坊津へ向かった。
 3時過ぎ、宿に着くと、休む間もなく海へ。小物釣りの道具で先ず小魚を狙う。釣れる、釣れる。スズメダイ、オヤビッチャ、フエダイの子供も何種類かかかった。まずまずのイスズミもゲットだ。でも、大物釣りの餌には大きすぎる。
 そのうち知人が、小アジ釣りのサビキ仕掛けを持ってやってきた。かかった小アジを餌にして海に放り込んでおく。小6の息子も放り込む。何の変化もないまま、私の小魚釣りが続いた。
 と、突然、息子の竿が曲がった。大物だ。ぐんぐん引かれ懸命にこらえている。バキッ、竿が折れた。あー、もったいない。
 見ると、私の置き竿も、竿先がグーッと海に突っ込んでいる。慌てて竿を取ろうとしたが、ブツッ、音を立てて糸が切れてしまった。5号の糸だから、そこそこの大物には耐えるはずだが、ものの数秒で切られてしまった。
 時計を見ると5時過ぎ、夕まづめだ。魚の釣り時は、朝と夕のまづめ時。これは釣り人の間では広く知られた定石だ。太陽と水平線の間が詰まるから間詰というらしい。
 朝は植物プランクトンが太陽の光を求めて浮き上がり、夕方は夜行性のプランクトンが活動を始める。それを待ってましたとばかりに小魚が大喜びで群れ食べ、この小魚を目指して大物が回ってくる。
 その後も立て続けに3回ほど大物がかかったが、糸が耐え切れず、結局姿は見れずじまい。
 逃げた魚は大きいというが、紛れもない大物だった。しかも、引き方の違う何種類かがいた。いまでも、ブツッと糸が切れた瞬間の映像がはっきり目に焼き付いている。
 今度は10号の糸に、腰の強い竿を持って行こう。坊津の海にゆっくり回ってきた怪魚の顔を見るまでは、どうも落ち着けない。
 それにしても、人間を相手にするより魚相手の方がずっと面白い。

 

イトフエフキキュウセンフエダイ

イトフエフキ                                  キュウセンフエダイ

 


シーガン獲り

 

 6年前に出した『海辺を食べる図鑑』は、いまだに好調な売れ行きを見せている。海辺の貝、海草、魚はもちろん、ウニ、ヤドカリ、ナマコ、カニまで136種類の獲り方、食べ方を紹介する本だ。136種といっても、まだまだ未掲載の種類も多い。

 

 釣り好きの友人から、ハゼが未掲載なのは残念だという電話があった。ハゼは鹿児島ではあまり見ないが、宮崎以北では普通にいて人気の魚だ。こいつは昨年、本の営業がてら大淀川で竿を出してものにした。

 

 奄美、沖縄では普通に釣れるモンガラカワハギの仲間も載っていなかった。皮が分厚く硬いため、包丁では歯が立たない。料理バサミで肛門から皮を切れば大丈夫。食べ方を知らず、ポイする人もいる。もったいない。これも、料理法を含め何種か写真に収めた。
 こんなふうに刊行後もどんどん追加しているから、もう300種ほどにもなったろうか。


 だが、もう一つ、絶対載せたいものが手つかずで残っていた。シーガンだ。奄美、沖縄ではずっと昔から食べられてきたから外すわけにはいかない。シーはサンゴ礁を指す。ガンはカニだ。サンゴ礁のリーフの先端、波の当たる際にいる。

 

 いつでも獲れるわけではない。潮が大きく干上がる大潮の干潮でなければ、奴らの住処までたどり着けない。しかも、6月の梅雨時の産卵前が最高にうまい。となれば、一年の内にチャンスは6月の2度の大潮のときだけ。潮見表で確認したら6月5日水曜日が大潮だ。平日だけど船中2泊を含めて3泊の奄美行きを決行した。 

 

 干潮は午後2時。1時過ぎに北大島の目当ての海岸に着き、リーフの先端を目指す。潮が引いているので先端まではかなりの距離だ。それでも、気がはやるもんだから岩の上をピョンピョン跳ねていく。

 

 

 

 波の打ち上がる先端に着いた。目指すシーガンは穴の中に潜んでいるから、タコの切り身を棒の先に結び付け、それでおびき出す。
ホレ、ホレと、穴にタコを突っ込んでいく。おっ、動かない。カニが爪でタコの身を引っ張っているのだ。穴の中のカニは獲れない。穴の入口から10僂らい離してタコを躍らせ穴の外へおびき出す。ほら出てきた。すかさず手でゲット。こんな具合で次々にクーラーボックスに収まったカニは、およそ50匹になった。

 

 

 

 

 

 

 潮が上がるまでの2時間、十分遊んだ。だが、海には誰もいない。平日に海で遊ぶ暇人は島にいないのか。それとも、食べ物はお金で買う時代、シーガン獲りは見向きもされなくなったのだろうか。

 

 

 

 

 

すり鉢で潰して、茹でて出汁をとる。

出汁は味噌汁、天津飯の甘酢ダレほか、濃厚なカニの風味が楽しめます。

 


海藻に毒がない理由・下

 

 前回の続きです。

 

 陸上の植物は、ほとんどの種が虫や動物に食べられないように毒をもっている。でも、同じ植物の海藻には毒がない。
 体に石灰質を蓄えてジャリジャリするものや、ごく一部に硫酸をもつものもいるが例外的だ。なぜ毒をもたないのか。

 

 大抵の海藻が一年のうちで2月から4月までが旬で、海辺に森のように繁茂する。だけど、5月から翌年の1月まではどこかに着床した胞子がゆっくり育っていて、肉眼ではどこにいるのかほとんど分からない。この生活史のせいだと思いついた。

 

 海の最大の捕食者は魚だが、一年のうちたった3カ月しか生えない海藻を食べる菜食主義を通そうとしたら、残りの9カ月は食べ物がないことになる。食べなければ死んでしまうのは人間も魚も一緒。プランクトンや自分より小さな魚やエビ・カニなら、年中ありつける。だから、魚たちは菜食ではなく肉食を選び、海藻は、わざわざ体に毒を蓄えなくてもいいようになったというわけ。

 

 もちろんどこの世界にも例外があって、春先の海藻が大好物のブダイなどもいる。種子島なんかでは、藻(モ)を食べるからモハミなんて名前を付けてもらったほど。その他の季節は、エビやカニ、小魚を食べる雑食性の魚なんですけどね。
 生き物の世界って不思議なことばかり。

 

 さて、いま日本中で一番注目されている生き物はヒアリではなかろうか。全米で毎年100人が刺されて死んだとか、死んでいないとか。火蟻と書くくらいだから、刺されたらさぞ痛かろう。スズメバチと同じくらい痛いとも聞いた。

 

 いま、日本中で発見が相次いでいる。女王アリも見つかったと報道された。世界的な生息域拡大の様相から、以前から日本に上陸するのも時間の問題とされていた。定着すると、人間も嫌だが、畜産業界は大打撃をこうむるという見方がある。

 

 じつは、南方新社では、7年前の2010年、「最悪外来種ヒアリとアカカミアリを日本で初めて詳細図解」と帯に謳った『アリの生態と分類』を刊行していた。ページをめくると、ヒアリのコーナーがある。働きアリ、雄アリ、女王アリまで登場する。いかにも凶暴な面構えだ。

 


 この本、いま全国から注文が相次いでいる。定価が4,500円+税と、けっこうな値段にもかかわらず、どんどん売れていく。
 大きな声では言えないが、ちょっとしたヒアリ景気だ。



プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode