猪が出た

 

 私が田んぼをこさえている七窪水源地の谷に、猪が出現したのは昨年の稲刈り前のことだ。
 いつものように、谷沿いの小径をバイクで走っていると、すぐ下の田んぼをやっている爺さんに呼び止められた。「大変なことになった。猪が田んぼに水飲みにやってきた」。水飲み場のすぐそばの藪に、獣道ができている。山からここを通って田んぼに来たらしい。
 猪が田んぼに入ったら、米は食うわ、大便小便はまき散らすわ、臭くて全滅だという。えらいこっちゃ。
 人間の匂いを嫌うというから、あわてて髪の毛を撒くことにした。会社には美容師の卵の息子を持つスタッフがいる。事情を話すとすぐに袋一杯持ってきてくれた。
 撒こうと手に取ると、あろうことかみんな茶髪だ。有機無農薬のアイガモの田んぼには似合わないが仕方ない。畦に点々と茶髪の山を作った。
 上の畑では、からいもがやられた。畑の主のおばちゃんが、「シシが出たー」と興奮している。人間の匂いを嫌うらしいよ、と言うと、翌日には、からいも畑の畝に突き刺した棒に、シャツが吊るしてあった。
 おばちゃんの汗で、臭くなったやつだ。対策の記念に写真を撮ろうとすると、恥ずかしいから止めてくれと、赤くなっていた。
 私の田んぼは、アイガモが逃げないようにネットで囲っている。だから、よその田んぼ畑よりましだろうと思っていたが、さすがに稲刈りの数日前にはネットを片付けなくてはならない。ネットなしの数日は緊張の日々が続いた。
 ネットをはずした翌日にはタヌキの足跡があった。そのまた翌日、何と猪の足跡! タヌキは5本指、猪は蹄だ。二つの指を押したように跡が残る。紛れもなく猪だが、小さい。ウリ坊のようだ。ひやひやしながら、どうにか稲刈りを迎えることができた。その数日後には、立派な大人の猪の足跡が田んぼに残されていた。

 

 あれから3カ月。谷から猪の気配は消えていたが、先日、下の田んぼの爺さんに呼び止められた。谷の南側の丘でビニールハウスが被害に遭った、大騒ぎで罠を仕掛けているという。
 猪とて人間を困らせようという気はないだろう。所有の概念のない猪には、自然のものと人間のものとの区別はない。苦労して固い地面を掘らなければならない自然薯と、柔らかい畑で簡単に掘れるからいもがあれば、私が猪でもからいもを選ぶ。
 もともと、この辺りの谷や丘は猪のものだった。罠にかかって八つ裂きにされる猪が不憫でならない。

 

アイガモの田んぼ

 

からいも畑の猪対策、おばちゃんが汗臭いシャツを吊るす

 

タヌキの足跡

 

 

 猪の足跡

 

ついでにスズメが米を食べた後

 

 

 


水争い

 

 ちょっと面倒な話に巻き込まれた。

 

 南方新社は、下田のシラス台地にあるのだが、その下の台地の際からは豊かな水が溢れ出ている。戦前から鹿児島市民に給水してきた七窪水源地だ。

 水源地から谷が開け、私は10年程前からその谷の下の方で田んぼを借りている。当時から、他の田んぼをやっているのは年寄りばかりなので、いつまでもつのだろうと思っていた。

 予想通り一枚、また一枚と作るのをやめ、ついに一昨年、上から5枚の田んぼは全部放棄地になってしまった。

 

 水源地になる前から、上の5枚の田んぼは湧水を引いていた。だから、市が水源地として所有してからも、田んぼのために水を流してくれていた。

 ところがというべきか、やはりというべきか、田んぼ作りをやめてしまったからと市は水を止めてしまった。これに腹を立てたのが、わが町内会長だ。水を以前と同様流してくれるように何度も市にかけあったが、相手にしてくれない。

 水は田んぼに入れるだけでなく、近くの年寄りが野菜や農具を洗ったりしていた。市街地近くで唯一ホタルの乱舞が残る谷でもあった。水の停止と同時にホタルも激減した。

 

 なぜか私は、この谷の耕作者代表として市に申し入れすることになった。私の田んぼは水源地とは別の湧水を使っているのだが、まあいい。とにかく、町内会長が中心になって集めた約200名の嘆願署名を携えて水道局まで出向いた。
 市側は丁寧に対応してくれたのだが、私は4分6分で水を流さない方になると予想した。

 

 一方で、水利権の資料を読み漁った。水源地となる以前から田んぼに水を引いていた。だから住民には水利権がある。慣行水利権というやつだ。だったら田んぼをやればいい。米でなくても何か植えればいい。

 

 私は市が結論を出す前にセリの栽培計画を即席で拵え提出した。というのは、放棄状態の田んぼの隅っこに、セリが元気よく生えていたのだ。
 これで水を流さなかったら、逸失利益の損害賠償請求の裁判に出るまでだ。100%こちらの勝ち。案の定、市は水を流すと回答してきた。

 

 耕作者代表として栽培計画まで出した以上、セリを植えないわけにはいかない。かくして、田んぼで腰を曲げてセリの田植えとあいなった。これまでの田んぼに加え、セリの面倒も見なければならない。

 やれやれ、困ったもんだ。だが、うまくいけば来春、放棄された田んぼ一面セリが覆う。なんて素晴らしい景色。おまけに、セリ鍋という絶品料理にもありつける。ものは考えようだ。

 


カモ、米を食う

 

 8月21日、出穂。そろそろカモを田んぼから引き上げなければならないのは分かっていた。それでも、まだよかろう、と思っているうちに、ずるずると時は経っていった。

 

 そしてまず、最初の異変が起きた。朝、カモの餌やりに田んぼに寄ったのだが、カモが恐れて近寄らないのだ。いつもは、「早く餌をおくれー」と、ガーガーうるさく集合するのに。ん?なんで。いつもと餌箱の様子が違う。誰かが餌をやった形跡があった。
 集まったカモを棒でつついたか、一羽ちょろまかそうとしたか、連れていた犬がワンワンほえたてたか。いずれにせよ、カモは人生最大の恐ろしい目に遭い、人間不信に陥っていた。

 

「餌をおくれー」と集合するカモ

 

 二番目は、絶望の兆しだ。台風がそれてよかった、稲はちょっと倒れ気味で済んだ、とほっとしたのも束の間。倒れかけた稲にカモが集団で乗っかって、根こそぎ倒しているではないか。穂先の米はない! 米をバリバリ食べていたのだ。米の味をしめたカモは次々に稲を襲い食べ始めた。

 慌てて、罠を仕掛けたのは9月9日。定置網のように一度入ったら、出られないように網を張る。網の周辺には、たんと餌を撒く。

 

 アイガモ農家の橋口さんに、捕らえたカモを運ぶ籠を借りに行ったのだが、いかにも同情した顔で「カモは入らんかもなー」。わざわざ餌におびき寄せられずとも、美味しい米が無限にあるのだから。

 

 案の定、罠には入らない。いつもなら張った当日か翌日には一網打尽にしていたのに。3日経っても、5日経っても入る気配はない。
 宮崎の友人から電話があり、事情を話したら大笑いされた。「アイガモ米をアイガモが食べる。こりゃ愉快、ウケルー」だって。こうしているうちにも、米をバリバリ食べている。悪夢だ。

 

 あまりにも間抜けな話だから、誰にも言わなかったが白状する。以前脱走し確保していたカモを、おとりに使うことにした。足を紐で結んだカモを罠の内側において呼び寄せようという寸法だ。でもきつく結べば血行が悪くなる。手加減して紐を結んだカモを罠に放つ。なんてこった。10秒で紐を振りほどき、仲間の下に戻っていった。

 

 10日後、近所の年寄り2人に加勢を頼んで最後の手段、追い込み漁で何とか捕獲した。今、15羽のカモはトリ小屋の脇のカモ広場で平和に暮らしている。

 

 目出度し、目出度し、とはいかない。昨年までよその5枚の田んぼにいた雀たちが、5枚とも耕作をやめたもんだから、今年はうちの田んぼに居ついてしまったのだ。群れは40羽。朝から晩まで、アイガモ米を食べている。

 

雀に食べられた米



プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode