猪が出た

 

 私が田んぼをこさえている七窪水源地の谷に、猪が出現したのは昨年の稲刈り前のことだ。
 いつものように、谷沿いの小径をバイクで走っていると、すぐ下の田んぼをやっている爺さんに呼び止められた。「大変なことになった。猪が田んぼに水飲みにやってきた」。水飲み場のすぐそばの藪に、獣道ができている。山からここを通って田んぼに来たらしい。
 猪が田んぼに入ったら、米は食うわ、大便小便はまき散らすわ、臭くて全滅だという。えらいこっちゃ。
 人間の匂いを嫌うというから、あわてて髪の毛を撒くことにした。会社には美容師の卵の息子を持つスタッフがいる。事情を話すとすぐに袋一杯持ってきてくれた。
 撒こうと手に取ると、あろうことかみんな茶髪だ。有機無農薬のアイガモの田んぼには似合わないが仕方ない。畦に点々と茶髪の山を作った。
 上の畑では、からいもがやられた。畑の主のおばちゃんが、「シシが出たー」と興奮している。人間の匂いを嫌うらしいよ、と言うと、翌日には、からいも畑の畝に突き刺した棒に、シャツが吊るしてあった。
 おばちゃんの汗で、臭くなったやつだ。対策の記念に写真を撮ろうとすると、恥ずかしいから止めてくれと、赤くなっていた。
 私の田んぼは、アイガモが逃げないようにネットで囲っている。だから、よその田んぼ畑よりましだろうと思っていたが、さすがに稲刈りの数日前にはネットを片付けなくてはならない。ネットなしの数日は緊張の日々が続いた。
 ネットをはずした翌日にはタヌキの足跡があった。そのまた翌日、何と猪の足跡! タヌキは5本指、猪は蹄だ。二つの指を押したように跡が残る。紛れもなく猪だが、小さい。ウリ坊のようだ。ひやひやしながら、どうにか稲刈りを迎えることができた。その数日後には、立派な大人の猪の足跡が田んぼに残されていた。

 

 あれから3カ月。谷から猪の気配は消えていたが、先日、下の田んぼの爺さんに呼び止められた。谷の南側の丘でビニールハウスが被害に遭った、大騒ぎで罠を仕掛けているという。
 猪とて人間を困らせようという気はないだろう。所有の概念のない猪には、自然のものと人間のものとの区別はない。苦労して固い地面を掘らなければならない自然薯と、柔らかい畑で簡単に掘れるからいもがあれば、私が猪でもからいもを選ぶ。
 もともと、この辺りの谷や丘は猪のものだった。罠にかかって八つ裂きにされる猪が不憫でならない。

 

アイガモの田んぼ

 

からいも畑の猪対策、おばちゃんが汗臭いシャツを吊るす

 

タヌキの足跡

 

 

 猪の足跡

 

ついでにスズメが米を食べた後

 

 

 


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode