真夜中の騒動

 

 前々回だったか、魚の良し悪しくらい自分の目と鼻で確かめろ、と書いた。魚食いのプロを自認する私だが、ついにへまをやらかした。
 先日の日曜日、アラカブ釣りの餌を買おうとスーパーに立ち寄った。目指すキビナゴはなかったが、その代わり刺身用とシールを張った丸々と太ったサバが売られていた。一本380円。目は澄んで黒々としている。こっそり腹を押したが固い。こりゃいいやと大喜びで買った。
 釣りの餌はイカゲソで代用したが、これも大釣り。釣りたてのアラカブの味噌汁とシメサバの豪華な晩飯が目に浮かぶ。
 帰宅してサバの腹を開いた。内臓もしっかりしている。古いやつは腸が破けてドロドロだったりする。これなら大丈夫。三枚におろして、塩を振って30分。しみでた水けを拭き取って酢に浸ける。はい、1時間で立派なシメサバの出来上がりだ。
 皮を剥いで、刺身に切り、ワサビと醤油で食べる。旨い。次々と腹に収まっていく。脂も乗って最高だ。と、身に糸くずのようなものを発見。おっ、これは。アニサキスだ。危ない、危ない。指できれいに取り除いて、潰してティッシュで拭いて、と探したが、目の前にティシュはない。まあいいやと口の中にパクリ。片面をきれいにたいらげ、残りの片面は明日の楽しみ。
 満足、満足、と床に就いた。
 食べて2時間後、最初の異変で目が覚めた。何だかむかむかする。吐きたいけど、もったいない、気のせいだ、そのうち治まるだろうと、何とか眠りについた。また、その2時間後。今度は手の平の異様なかゆさで目が覚めた。かゆい、かゆい。そうこうしているうちに、腹や胸、背中までかゆくなってきた。しまいには足の先から頭のてっぺんまでかゆい。こりゃ、たまらん。
 腹を見たらポツリポツリ、蕁麻疹が出ている。えらいこっちゃ、サバに当たった。しかもアニサキスだ。口に入れたのがまずかった。糸くずのような子虫が目に浮かぶ。
 あわてて着替え、ぼりぼり掻きながら夜間救急診療を探し始めた。さあ、カッコ悪いけど行こう、と思った時、かゆみが治まり始めているのに気が付いた。およそ1時間の騒動だった。
 翌朝、蕁麻疹は引いていたけど、なんだか胃がしくしくする。潰したやつのほかにも、何匹か飲み込んだようだ。これはネットで調べた正露丸で退治した。主成分のクレオソートが虫のやる気をなくすという。
 ちなみに、アニサキスは虫のかけらでもやばいらしい。恐るべき子虫だ。だけど、ああ、旨いシメサバが食いてえ。のど元過ぎれば、だ。 


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode