耳鳴り

 

 ジ……ジ……ジ……。このセミの鳴くような音が1週間前からずっと聞こえている。最初は電気の音かと思ったが、外でも聞こえる。そうか、これが耳鳴りか!初体験だ。
 原発の会議に最近メニュエル病でひっくり返った人が来ていた。会が終わってから、耳鳴りのことを話したら、すぐに耳鼻科に行け、と真顔で言う。サラの赤星さんは、「俺の知り合いは、放っておいたら、本当に聞こえんようになったぞ」。周りの何人かも、口を揃えて、それは大変、すぐ行け!
 すっかり脅されたもんだから、翌朝、草牟田の飯田耳鼻科へ飛んで行った。
 昨年、蓄膿で行ったときはワンサカ患者がいて、ずいぶん待たされたものだが、閑古鳥が鳴いている。コロナだ。
 すぐに通されて、診察が始まった。耳の中を覗き込んで、「あっ、きたな」と言いやがった。余計なお世話だ、おいらは耳鳴りの治療に来たんだ、とは言わない。大きいのをピンセットでホイホイと取って、後はミニチュアの掃除機で吸い込んでいく。うん、きれいになった、と先生も嬉しそう。
 さて、聴力検査。右耳、左耳、順にやったが、よく聞こえていますねー。63という歳の平均よりずっと成績がよかった。結局、耳鳴りと気長に付き合いなさいね。つまり、放って置けということですね、と聞くと、そうです、と返ってきた。何だかほっとした。
 耳鳴りと難聴が同時にあったらやばいらしい。こいつは2週間以内の治療開始が聞こえなくなるかの境目。皆さん注意してね。
 ときに耳鳴りはストレスが原因ともいう。そういえば、この1週間、決算でずっとパソコンの数字とにらめっこしていた。何せ、550点も出しているから、その1点1点の在庫、つまり資産の計算をしなくちゃならない。とっても面倒。数字がよかったらまだましだが、これも酷い。3月の売り上げは前年比40%ダウン。ついでに言うと、4月も40%、5月は60%ダウンの体たらく。コロナだ。
 3月以降、都市圏の書店はほぼ全滅。図書館も休館しているから入れてくれない。アマゾンのネット書店は、実入りのいい他の商品にシフトして、南方新社だけでなく、どの出版社も売れ筋の本は軒並み在庫なし(仕入れていないということ)の表示。頼みの奄美の土産物屋も、市長が観光客は来るな、と言っている。八方塞がりだ。
 最初、コロナ騒ぎを、下田の田舎から高みの見物とせせら笑っていたが、こんな所までやってきた。やれやれ。
 仕方ないから、今じゃ、せっせと畑に植える作物を増やし続けている。オクラに大根、ヘチマにキュウリ、ニガゴリ、ルッコラ、チンゲンサイ……。


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode