尊い犠牲

 

 8月15日は終戦記念日だった。コロナで規模が縮小されたとはいえ、日本中、いたる所で、戦没者追悼の式典が催された。
 新聞テレビで、関連する報道がなされたが、腑に落ちない言葉に接するはめになった。
 一つは、「今日の繁栄は、尊い犠牲の上に築かれたもの」というもの。
 歴史は連続するので亡くなった先祖はみな尊いのだが、戦没者は特別に尊いとでもいうのだろうか。戦争に負け、残されたのは焼け野原だ。そこから産業を興し、村々で食べ物をこさえたのは戦没者ではない。
 戦没者が繁栄の土台になったというこの言葉は、全く意味が分からない。
 でも、「忠心より敬意と感謝の念を捧げます」と続く言葉で、意図することが分かった。普通に働いて死ぬより、国のために死んだ兵隊さんは偉い、ということなのだ。
 来るべき日中戦争か、第3次世界大戦に備えて、国のために死ぬ若者は偉い、と今から刷り込もうという魂胆なのかもしれない。いずれも、全国戦没者追悼式での安倍首相の言葉だ。
 戦没者を褒めたたえることは、現役の自衛隊員、ひいては戦争への礼賛につながる。
 もう一つ。「戦争の惨禍を二度と繰り返さない」。これも安倍首相の言葉。不戦の誓いというやつだ。これは、カモフラージュに過ぎない。
 安倍首相は、アメリカから戦闘機やミサイルをじゃんじゃん買い、奄美や馬毛島の軍事基地建設に血眼になっている。九条を骨抜きにする憲法改正にも熱心だ。
 軍隊を持たないという日本国憲法の公布は1946年。だが、1950年、朝鮮戦争勃発とともに自衛隊の前身警察予備隊がGHQによってつくられた。日本から朝鮮半島へ移動する米軍の後方部隊としての位置づけ。
 51年、サンフランシスコ講和条約で独立の回復とともに日米安保条約締結だ。以降、冷戦の終結でソ連から中国へと仮想敵国は変わるものの、いつも自衛隊は戦争好きなアメリカの軍事戦略の駒としてあった。
 先の知事選で「九条実現」を掲げた横山ふみ子さん。そう、九条は一度だって実現していない。それにしても九条は美しい。
 「第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。 国の交戦権は、これを認めない。」


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode