島津家本4連発

 

 このところ、田んぼ話が続いていたが、ちゃんと本づくりの仕事もしていますよ! と言うか、仕事が立て込んで、にっちもさっちも首が回らんという状態なのです。

 

 なんと、島津家関係の歴史ものが4連発、集中して舞い込んでいる。

 

 1発目は、『鹿児島市の歴史入門』。『奄美の歴史入門』をものにした小学校の校長先生の作だ。奄美の方は、順調に売れ続けて、小社の経営を助けるロングセラーの一つとなっている。
 この鹿児島市は、なんといっても島津四兄弟の父・貴久が拠点を構えた時から南九州の中核となっていく。


 ほうほうと頷きながら編集を進めていたら、2発目『島津四兄弟』の原稿が舞い込んだ。秀吉の朝鮮出兵で蛮勇を振るい、かの国の人々に鬼シーマンズと怖れられた二男・義弘の話は聞いたことがあるだろうか? これは知らなくても、義弘の関ケ原敵中突破は有名だ。いまでも、当時を偲んで妙円寺参り、なんていうのが行われているくらいだもんね。


 長男・義久は九州制覇を目前にしながら豊臣秀吉に敗れ、髪を剃って川内太平寺で降伏した。
 三男・歳久は、秀吉との抗戦を主張したとかで秀吉に恨まれ、後の梅北の乱にかこつけて切腹させられている。
 四男・家久はいくさ上手。沖田畷の戦いで、5千の手勢で3万の龍造寺隆信軍を撃破した。「釣り野伏せ」というやつだ。あーもう駄目だと負けたふりしておびき寄せ、伏せて隠れていた両側から一気に鉄砲を撃ちかけるという、ちょっとせこい戦法と言えば言えなくもない。


 こんな話だけでなく、島津家の土台を固めた四兄弟のすべてが網羅されている。
 著者は、大学卒業後、会社に勤めながらコツコツと『島津国史』『旧記雑録』といった史料を読み込んで一冊にまとめ上げた。いや、頭が下がる。


 ふむふむと編集していたら、3発目『島津忠久と鎌倉幕府』だ。島津家初代・忠久は、源頼朝の愛する丹後の局が正妻政子の嫉妬を逃れてたどり着いた、大坂住吉大社の石の上で、雨の中、生まれたことになっている。いやいやそれは全くの作り話で、実の両親はだれそれで、という話から始まって、鎌倉幕府の権力争いの中で生き延びた忠久の実像が詳細に綴られている。原稿用紙1000枚の労作だ。


 へーと唸っていたら、4発目『梅北一揆の研究』が、高名な紙屋敦之先生から届いた。秀吉の統一政権に異を唱えた一群の人々が、この鹿児島に存在したのである。


 4本で3500枚だ。読むだけで息が上がる。ふー。

 


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode