アラカブ釣り

 

 このところ寒波が来て、気温が下がり続けている。この寒さの中でも、釣り人は海に出かけていく。
 新港から与次郎に向かう海岸近くに、2軒並んだ怪しげなホテルがある。桜島の眺めは最高だろうが、すぐ下の海沿いの堤防からは、刻々と変わる波の風情も楽しめる。


 変わるだけではない。一つとして同じ波はないから見飽きることはない。波にきらめく太陽の光も、同じ輝きはない。一つとして同じ木の葉がないのと同じで、ここに人工物と決定的な違いがある。と、気になるホテルのせいで前置きが長くなった。

 

 実はこの堤防、釣りもできる一等地なのである。


 正月明け、爺さんと婆さんが釣りをしていた。テトラの間に糸を垂らす穴釣りだ。見ている間にアラカブ(和名はカサゴ)を釣り上げた。爺さんは釣り、婆さんは魚を網に入れる係だ。連携した動きはけっこう通ったことを示している。何とも微笑ましい。網の中には5匹入っていた。

 もう1匹釣り上げるまで、と見ていたら根がかりだ。どうしても針がカキやフジツボに引っかかってしまう。糸を切ってやり直し。でもこれは、上手な釣り師でも避けられないこと。


 ふと思った。ここは甲突川河口干潟の埋め立て地ではないか、その昔は、砂地だったのだ、と。堤防ぎわに置いてあるテトラの先は、今でも平坦な砂地なのだ。ウキ釣りで、テトラの向こう側を底ぎわに流せば、根がかりせずに釣れるに違いない。しかも、穴釣りは干潮に限るが、ウキ釣りなら干満を問わない。


 こうして次の週に、早速挑戦することにした。が、寒い。最強の寒波だ。迷った挙句、現場到着は日暮前の4時半過ぎになってしまった。

 仕掛けは穴釣りと同じ。ただ、ウキをつけるだけ。最初にするのは、餌がアラカブのいる底付近を流れるように、ウキ下を調整すること。ウキ下を徐々に深くしていき、ウキが寝たらオモリが底に着いた印。底から20センチに餌が流れるように調整する。

 

 

 スーパーで買った150円のキビナゴを半分に切って餌にする。第1投。餌が底に着いた瞬間、ウキが沈んだ。ゆっくりリールを巻いて、先ず1匹目をゲット。餌をつけて第2投。すぐに食いついてくる。外れなし、入れ食いだ。こうしてものの1時間で10匹釣り上げた。

 

 

 


 アラカブの味噌汁は絶品だ。刺身も、コリコリしてイケル。とても食べきれないから残りは冷凍して煮付けにしよう。1時間で10匹だから、3時間で30匹、5時間頑張れば50匹だ。無限に釣れる。こりゃあ、たまらん。

 

   

 

 

 


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode