還暦同窓会

 

 私は、徳之島の伊仙小学校を卒業した。高校の教員だった父親に連れられて、5年の時転校したのだ。
 この鹿児島にも、伊仙の子は10人ばかりいる。といっても立派なおっさんとおばさんなのだが。このところ、彼らと2カ月に1ぺんは会っている。還暦同窓会の打ち合わせだ。100人の同級生のうち、鹿児島に10人、大阪35人、東京10人、島に30人、あとは各地に点在、といったところか。

 

 この同窓会を霧島温泉ですることになり、鹿児島組が迎える係になった。宿までの送迎、宴会の出し物、観光コースと詰めるべきことは、けっこう多い。だが、飲みながらの打ち合わせは、ついつい子供の頃の話に脱線する。

 

 しょっちゅう私をつまみに来た正は、女の子たちにも意地悪で、嫌われ者だったことを初めて知った。
 良治はマッチ箱に便を入れる検便に、自分のが出なかったのか、犬の糞を入れて出した。だが、ばれてしまって、先生にこっぴどく叱られていた。この話はみんなよく覚えていた。
 5年の時「明日転校します、みんな今日までありがとう」と、泣きながら感動的な別れの挨拶をした繁子は、翌日も学校に出てきた。転校がとりやめになったらしい。6年の時には本当に転校したが、その時には挨拶もなく突然消えた。

 

 この前の集まりでは、島から鹿児島の高校にやってきた武の話題になった。暴れん坊の武は、高2のときバイク事故で死んでしまった。よう子は武のことがたいそう好きだったという。今でも忘れられない、とうっとりした顔で話す。

 

 中学の時のバレンタインでは、武のために心を込めてチョコを作った。いよいよ告白だ。恋心を誰かに話さずにはいられなかったよう子は、和子にチョコ作戦を漏らしてしまった。和子は、お節介にも「私が渡してあげる」とキューピット役を買って出た。
 バレンタインが終わって、ドキドキしながら和子に首尾を聞くと、あろうことかチョコは武に渡っていなかった。「弟が食べた」と言う。よう子のショックはいかほどだったか。告白のタイミングを逸してしまった。

 

 チョコが武に渡り、よう子とめでたくカップルになっていたら、武は鹿児島の高校には行かず、よう子と同じ島の高校に通っていたかもしれない。そうなれば、バイク事故にも遭わなかっただろう。ひょっとしたら、和子も武が好きだったのかもしれない。

 

 人は偶然に出会い、別れていく。偶然の積み重ねに今がある。その中で生じた他愛のない出来事の一つひとつが、それぞれにとって大切な宝物になっているのだと、改めて思う。

 


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode