自然の営み

 

 4月、また自然の営みを実感する季節がやってきた。
 下田の会社に出社しても、玄関に入るまでに30分はかかる。庭や藪をぶらつかずにはいられないのだ。

 

 友人がトリ小屋の奥の茂みにハチの巣箱を置いた。セイヨウより一回り小さい二ホンミツバチの群れを呼び込もうという算段だ。今、群れの偵察隊が出たり入ったりしている。うまく入れば、秋には鳥肌が立つほどおいしい蜂蜜を食べさせてくれる。

 

 

 

 トリ小屋には卵を産まなくなっためんどり1羽とオスの烏骨鶏1羽がいる。若いヒナを入れなければ。

 

 トリ小屋の脇に生えているビワの木には、今年はたわわに実がついている。6月、熟すのが楽しみだ。

 

 去年ヘチマが10本ほどなった畑には、3月中旬にインゲンの種を蒔いた。芽が出ないのであきらめていたが、4月10日、やっと芽吹いてくれた。こいつも日に日に大きくなっている。6月、実をつけ始めるだろう。インゲンの周りに白い花を咲かせているのは、ウシハコベだ。よく見ると、葉の小さいコハコベもある。ちょっと離れるとミドリハコベもある。わずか2m四方に3種類のハコベがあるってどういうこと? 環境に適応して種は分化したはずだが、3種は、ほとんど同じ環境に棲むように見える。土、日照などに微妙な違いがあるのだろうか?
 

 12年前、下田の事務所に移ったその年に木市で買ったハッサクの苗6本。玄関脇に元気に育って冬には100個と言わず食べさせてくれた。いま若葉の間にしっかりした花芽が見える。あと2週間で花を咲かせ、虫を呼ぶ。

 

 そんなこんなであっという間に、30分、1時間が過ぎてしまう。足元の移り変わりと新しい発見。自然がもたらしてくれる喜びに勝るものがあるだろうか。

 

 屋久島から送られてきた「愚角庵だより」に、山尾三省さんの「高校入学式」と題する詩が掲載されていた。

 

  島は 山桜の花が 満開である
  教師たちよ
  この百十八名の新入生の魂を
  あなた達の「教育」の犠牲にするな
  「望まれる社会人」に育て上げるな
  破滅へと向かう文明社会の
  歯車ともリーダーともするな(略)

 

 娘の進学に合わせて書いた詩だという。いま、この喜びの季節にそぐわない核戦争の危機が忍び寄り、核の大惨事を自ら招く原発再稼働の動きが続く。昔も今も問われるべきは、もちろん教師たちだけでなく、政治家や、マスコミ、この出版業界、あらゆる職業、生き方なのだと、あらためて思う。


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode