ヒヨコが入った

 

 会社の庭のトリ小屋では、メンドリと烏骨鶏のオンドリの2羽の暮らしが続いていた。
 最初、採卵用に10羽を入れ、毎日エサ当番がその日の卵をもらえるという決まりを作っていた。若いうちはほぼ毎日卵を産むので、結構みんな当番を楽しみにしていた。

 

 そして時がたち、タヌキに襲われたり、客人が来るというので私たちに襲われたりして、初代のメンドリは1羽だけになっていた。しかも10年近くたつので卵は産まない。毎日エサをやるだけのペットになっていた。

 

 ヒヨコを入れよう!が、この春のスローガンだった。
 知り合いを尋ねまわって、やっとある農家にたどり着いた。
 薩摩鳥のオスと碁石のメスを掛け合わせた真っ黒な黒鳥だ。孵卵器で自家繁殖しているという。分けてもらったのは、産まれたては体温調整が難しいので、鳩くらいに成長したやつ。それでもピヨピヨと鳴いている。

 

 

 問題が一つだけある。オスかメスか分からないのだ。相当のプロじゃないと見分けられないらしい。運が悪けりゃ、全部オスだってありうる。実際うちに回ってきた烏骨鶏は、店で売っていた卵を孵化させたもので15羽中15羽全部オスだった。朝まだ暗いうちからコケコッコーの大合唱。うるさいので、もらってくれと頼み込まれたものだ。あと2カ月もすれば、トサカの具合でオスメスはっきりする。

 

 こうして大人2羽のトリ小屋に、新入りヒナ10羽が同居することになった。ところがすぐに事件が起きた。
 ヒナの1羽が大ケガをしたのだ。気の荒いメスが、えさ場に集まるヒナが気に食わないらしく、頭をつついて皮を破ったのだ。

 

 

 このままでは死んでしまう。消毒薬を塗って、トリ小屋の中にまた部屋を作って隔離してやった。犯人のメスは小屋から放り出した。
 長年住み慣れた小屋から追い出されて、さすがに反省したのかうなだれている。「もう、いじめたりしないから許しておくれ」と言ってるようだが、とにかく次の被害者が出たら困るのでそのままにしておいた。

 

 土日を挟んで月曜日、メスがいない。失踪か!タヌキにやられたか! 何日か後に真相がわかった。
 このところ屋根の修理に来ている兄ちゃんが持って行ったのだ。「卵を楽しみに飼っている」と言う。「もう産まないよ」と教えるとさすがにがっかりしていた。今では「飼っていたら煩悩がついてかわいい」と言う。うちにいるより良かったかも。

 

 頭に大ケガしたヒナも傷は塞がった。人間もトリも幸せがいい。


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode