海藻に毒がない理由・上

 

 『海辺を食べる図鑑』の著者として、今度は鹿児島の青年団に呼ばれた。一般参加者を入れて80人と一緒に、海に行って獲物を食べようと、県青年団の事務局が企画したのだ。

 

 一昔前、田舎の子供たちなら誰でも、海や山に行って食べ物を獲っていた。今では田舎の青年団と言えど、海や山は遠くなっているらしい。

 

 でも、80人を収容できる海なんてあるのかい。小さな磯なら小さいビナ(巻貝)まで獲り尽してしまう。

 

 これが、あるんですね。80人はおろか、500人でも1000人でも遊ばせてくれる懐の深い海辺が。

 

 思いついたのは、出水の干拓地の外側に広がる干潟。狙いはマテガイ。鍬で砂を剥いで1cmくらいの巣穴を見つけ、塩を入れたらピュッと飛び出してくる。それを手で引っ張るだけだから、子供でも年寄りでも確実に獲れる。3月からの大潮の干潮ごとに、県内各地から2000人が干潟に繰り出す。それでも獲り尽されることはない。鹿児島に唯一残された素晴らしい干潟だ。運が良ければ、日本中から姿を消しつつあるハマグリ君にも出会える。

 

 

 

 かくして6月10日、大型バス2台を連ね出水に向かった。突然、講師役の私にバスの中で何か話せという。それも、阿久根の道の駅まで1時間ときた。まあ、いいや。
 野山や海の食べ物の獲り方を思いつくまま話すことにした。南方新社では、『野草を食べる』『食べる野草と薬草』を出している。近く『毒毒植物図鑑』も出す。こういう話は得意分野だから1時間でも、2時間でもOK。

 

 陸上の植物は、虫や動物に食べられないように、大抵その種特有の毒をもっている。だけど、その植物を食べる虫もいる。アゲハはミカン科、モンシロチョウはアブラナ科、ムラサキシジミはカシ類というように、幼虫は特定の食草の毒をクリアする術を身に着けてきた。私たちの食べる野菜は、毒を少なくしようと、人間が長い時間をかけて作り出してきたものだ。食べられる野草も、その毒(アクともいう)が、体重の大きい人間には問題のないレベルであるに過ぎない。要は、どの植物も、毒をもっているということ。

 

 海藻の話もした。ほぼ100%食べられるのだ。話しながら、疑問が一つ湧いた。何で同じ植物なのに海藻は毒をもたないの? うん、実に不思議。

 

 何故だと思う? でも、後日ひらめいたんですね。海藻の生活史のせいだと。大抵の海藻は2月から4月までが旬で海辺を覆う。やがて姿を消して、5月から翌1月までは、どこかに着床した胞子が、しみじみ暮らしている。と、ここまでで紙数が尽きた。続きは次回。みんなも考えてね。


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode