海藻に毒がない理由・下

 

 前回の続きです。

 

 陸上の植物は、ほとんどの種が虫や動物に食べられないように毒をもっている。でも、同じ植物の海藻には毒がない。
 体に石灰質を蓄えてジャリジャリするものや、ごく一部に硫酸をもつものもいるが例外的だ。なぜ毒をもたないのか。

 

 大抵の海藻が一年のうちで2月から4月までが旬で、海辺に森のように繁茂する。だけど、5月から翌年の1月まではどこかに着床した胞子がゆっくり育っていて、肉眼ではどこにいるのかほとんど分からない。この生活史のせいだと思いついた。

 

 海の最大の捕食者は魚だが、一年のうちたった3カ月しか生えない海藻を食べる菜食主義を通そうとしたら、残りの9カ月は食べ物がないことになる。食べなければ死んでしまうのは人間も魚も一緒。プランクトンや自分より小さな魚やエビ・カニなら、年中ありつける。だから、魚たちは菜食ではなく肉食を選び、海藻は、わざわざ体に毒を蓄えなくてもいいようになったというわけ。

 

 もちろんどこの世界にも例外があって、春先の海藻が大好物のブダイなどもいる。種子島なんかでは、藻(モ)を食べるからモハミなんて名前を付けてもらったほど。その他の季節は、エビやカニ、小魚を食べる雑食性の魚なんですけどね。
 生き物の世界って不思議なことばかり。

 

 さて、いま日本中で一番注目されている生き物はヒアリではなかろうか。全米で毎年100人が刺されて死んだとか、死んでいないとか。火蟻と書くくらいだから、刺されたらさぞ痛かろう。スズメバチと同じくらい痛いとも聞いた。

 

 いま、日本中で発見が相次いでいる。女王アリも見つかったと報道された。世界的な生息域拡大の様相から、以前から日本に上陸するのも時間の問題とされていた。定着すると、人間も嫌だが、畜産業界は大打撃をこうむるという見方がある。

 

 じつは、南方新社では、7年前の2010年、「最悪外来種ヒアリとアカカミアリを日本で初めて詳細図解」と帯に謳った『アリの生態と分類』を刊行していた。ページをめくると、ヒアリのコーナーがある。働きアリ、雄アリ、女王アリまで登場する。いかにも凶暴な面構えだ。

 


 この本、いま全国から注文が相次いでいる。定価が4,500円+税と、けっこうな値段にもかかわらず、どんどん売れていく。
 大きな声では言えないが、ちょっとしたヒアリ景気だ。


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode