バチが当たった

 

 会社のすぐそばの七窪水源地の谷は、田んぼが連なり、脇を流れる小川にはきれいな水が流れ、5月には蛍が舞ってくれる。
 この谷沿いの小径は木々に覆われ、付近の住民はもとより少し離れた伊敷ニュータウンからも散歩をする人を見かける。
 谷の田んぼを借りていることもあって、毎朝この小径を通るようになって10年ほどになるだろうか。すっかりなじんでしまった。

 

 谷の入り口には、ふた抱えもあろうか、大きなタブノキが迎えてくれる。樹齢は100歳は下るまいという年寄りである。
 6月には、気の早いコクワガタが姿を見せ、夏も盛りになるとノコギリやヒラタ、カブトムシが樹液の食卓に集合する。スミナガシといった蝶もたまには顔を見せる。

 

 どこの子が仕掛けたのだろうか。クワガタやカブトを誘うバナナの罠を目にしたこともある。

 

 夏には決まって、幾千幾万という実を付けた。数知れぬ鳥たちや野の獣たちがお腹を満たしたことだろう。
 

 ある日のこと。この谷の入り口でゴザを敷いて神主が何やら祈っている場面に出くわした。一緒に拝んでいるのは工事関係者らしい。
 ん!?嫌な予感がした。
 翌日その谷を通って愕然とした。入り口の大タブが消えているではないか。ノコギリの跡も真新しい切り株だけが残っていた。さすがに100年木を伐るのは恐ろしく神主を呼んだということか。だが、伐られたのは木だけではなかった。

 

 

 

 道行く人には木陰を与えていた。どんな冷房の効いたおしゃれなカフェで涼むより、何百倍も気持ちよかったに違いない。子ども達には夏の思い出をくれていた。何万円もする高価なゲームなどより、ずっと興奮させてくれたはずだ。虫や獣、鳥たちには生命のもととなる食べ物をくれていた。それらを根こそぎ全部、奪い去ったのだ。

 

 この大バカ者め、プンプン。
 首謀者は見当がついた。この谷を「自然と触れ合う谷」として熱心に売り出し中の町内会長ではないか。

 

 出会った彼に聞くと案の定である。あんまり腹が立ったので、「木を伐ったら絶対バチが当たっど」「神主呼んだくらいで許してはくれん」「絶対バチが当たる」「絶対バチが当たる」「絶対バチが当たっど」・・・と10回ほど言ってやった。
 それから、顔を合わすたびに「まだバチは当たらんケ」と聞いていたら、2週間後「酷い腰痛になった」と返ってきた。ホラネ。やっぱりバチが当たっただろう。


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode