識者談話

 

 12月12日、広島高裁、野々上裁判長は、四国電力・伊方原発に停止命令を下した。
 甲子園で勝った球児たちの翌朝新聞を何紙も読んでいる姿が、テレビに映ったりするが、翌13日の私も、3紙に目を通す球児状態だった。

 

 面白かったのは、南日本新聞に載っていた「識者談話」だった。推進、反対、それぞれの立場から談話が寄せられている。火山が問題になったのだから、火山の専門家が登場すると思うでしょ。ところが、大阪大学名誉教授とあるから肩書は十分なのですが、あにはからんや原子炉工学の専門家でした。共同通信の配信記事だろうから、南日本新聞には責任はないのだが、なんだかトンチンカンな話である。

 

 そして、推進の立場からの原子炉工学名誉教授の談話には、吹き出してしまった。
 「阿蘇カルデラの火砕流が伊方原発を直撃するのは地理的にも想定できない」。あのねえ、火山の専門家が、直撃する可能性があると言ってるの。専門家が言ってるのですよー。
 「100キロ離れた住民の被害を認めたことも論拠が分からない」。あのねえ、放射能は100キロどころか地球を1周するの。2014年の大飯原発の差し止めを命じた福井地裁判決では250キロまで認めたのですよー。まるで、床屋談議、井戸端会議のレベル。推進側の余りの呑気さに、空恐ろしくもなる。

 

 

 火山の専門家といえば、鹿児島大学准教授の井村隆介さんがいる。桜島の北側の海は姶良カルデラである。2万9000年前に大爆発を起こし、南九州を火砕流が襲った。シラス台地は、その時の火砕流堆積物である。
 もちろん川内原発も襲った。
 井村さんは、数万年以内に必ず大爆発を起こすと、いろんな所で公言している。私には、こっそり「数万年というのは、2、3万年という意味だ」と語った。

 

 川内原発で福島級の事故が起これば、九州は壊滅する。九州1400万人が、墓も家も田畑も捨てた流浪の民になる。多くの人が被曝しやがて死ぬ。
 使用済み燃料の行き場のないことを考えると、このままでいくとあと100年は川内に核燃料が残ると想定できる。2万年の内に川内が火砕流に襲われるとすれば、九州壊滅の確率は2万分の100、つまり200分の1となる。川内原発の数学的な期待値は、被曝及び流浪の民7万人。火砕流単独の期待値、流浪80人をはるかに超える。

 

 「人ば殺して金儲け」「人ば殺して金儲け」と、川内原発ゲート前でお経のように繰り返していたのは、水俣の文子さんだった。


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode