言うのをやめる

 

 昨年秋のことだったか、高校の同窓会があった。終わってから、気の合う4人で2次会に行った。

 

 ふとしたことで、北朝鮮の話になった。一人が、どうしようもない狂った国だから戦争してやっつけなくてはならないと言い始めた。中国も、やっつけろと言う。黙っていられなくて、戦争でひどい目にあうのは、北朝鮮や中国の一般庶民、そしてあんたの子供や孫、親戚を含む日本の一般庶民だ、と反論した。

 

 ところが、残る二人も戦争推進論に味方した。3対1だ。最初は中立を保っていたママさんも敵方に加わり、4対1になってしまった。持ち時間も4対1になるからどうにもならない。結局、こちらから言うのをやめて話題を変えた。後味が悪いのなんの。


 アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の北朝鮮分析サイトが、米朝戦争で東京が核攻撃を受けたら200万人死ぬと発表した。技術の劣る北朝鮮のミサイルが川内原発に当たるはずはないと楽観する人もいる。だが、核兵器は上空600〜1000メートルで炸裂し、半径数キロないし十数キロを一瞬にして破壊する。ということは、原子炉を直撃せずとも数キロ〜十数キロの誤差で、楽々と原発を爆発できるのだ。中国の軍事予算は、来年度も日本の3.5倍と決定している。

 

 こう書いたが、勝ち負けの話ではない。双方ともに膨大な死者が出ることを先ず想定すべきだと言いたいのだ。

 

 昭和8年、太平洋戦争突入直前、『関東防空大演習を嗤う』と書いたのは、信濃毎日新聞主筆、桐生悠々氏である。
 「国民は挙げて、若しもこれが実戦であったならば、その損害の甚大にして、しかもその惨状の言語に絶したことを、予想し、痛感したであろう。というよりも、こうした実戦が、将来決してあってはならないこと、またあらしめてはならないことを痛感したであろう。……従ってかかる架空的なる演習を行っても、実際には、さほど役立たないだろうことを想像するものである。……如何に冷静なれ、沈着なれと言い聞かせても、……逃げ惑う市民の狼狽目に見るが如く、……そこに阿鼻叫喚の一大修羅場を演じ」

 

 起こるべき未来図をこうもはっきり書く新聞は、今では見られない。

 

 そういえば、毎年、数千人を動員し、何億円もの費用をかけて、川内原発の防災訓練(避難訓練)が実施されている。何の役にも立たないと、多くの人が見抜いているのに、新聞・テレビで、そう報道されることはない。

 

 これじゃ、まるで裸の王様だ。笑うほかないことは、大声で笑えばいいのにね。『川内原発防災訓練を嗤う』の記事、出ませんかね。

 


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode