ご苦労様。柳田国男さん

 

 最近、人に会ったとき「決まりごとを破るのが大好き」と自己紹介することにしている。ある愛すべき反原発の年寄りと飲んだ席で、「決まりごとを破る」話で大いに盛り上がったのがきっかけだ。
 だがこれも、相手を選ばなければならない。ポカンとされるのはまだしも、さも胡散臭げな眼で見られるようになる。あわてて、「車が一台も通らない深夜の赤信号で、緑になるまでずっと待ち続ける人はいませんよね?」なんて付け加えても、遵法精神旺盛な人には通用しない。まあいいや。嫌われてもそれだけのこと。

 

 本作りにも似たようなところがあって、誰も信じて疑わなかったことを、ゴロリとひっくり返すような本が出せれば快感だ。最近では『奄美・沖縄諸島 先史学の最前線』がそれだ。

 


 奄美・沖縄では、実のところ長く何を食べてきたかは分かっていなかった。数ある遺跡で巻貝の殻、猪や黒兎の骨、ドングリ類が見つかっているから、それを食べてきたことは分かる。だが、栽培植物、とりわけ穀物がいつから入って来たかは謎のままだった。

 米などの穀物の粒は小さくて、炭化しているから簡単に潰れてしまう。だから、いつから穀類の栽培が始まったかは想像するしかなかった。

 

 柳田国男は、亡くなる前年、1961年に、研究成果の総まとめとして、『海上の道』を著した。そこで彼は、弥生以前、縄文の頃、はるか南から沖縄・奄美を経て日本に「米」が伝わってきたという説を、満を持して打ち出した。この説は、今でも、「そうかもね」と一般には理解されている。


 だが、ここ最近のこと、フローテーション法という新しい技術が使われるようになった。遺跡の土を水に入れ、浮いた植物遺体を顕微鏡で一つひとつ見ていくというもの。
 時代の特定された奄美・沖縄の何十という遺跡を、このフローテーション法で見たところ、日本の平安時代に当たる時期まで、一切の穀物は検出されなかった。日本の鎌倉期以降になって、ようやく大麦、小麦、稲、粟が姿を見せたのである。

 

 つまり、柳田国男の「海上の道」は完全に否定されてしまったわけだ。

 それどころか、何千年もの間、奄美・沖縄では、狩猟採集生活が続けられてきたことが証明されたのだ。

 

 これは、世界的に見ても大陸から遠く離れた島で確認された唯一の例だという。狩猟採集が遅れているというわけではない。わざわざ作らずとも、食べ物は十分獲れたということだ。


 鹿児島大学島嶼研の高宮広土氏の編になるものだが、歴史を塗り替える痛快な一冊である。

 


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode