なんと週休5日制

 

 明治維新150年だの、西郷どんだの耳にするたびに、当時の鹿児島の民衆、とりわけ大多数を占めていた農民たちの暮らしや意識が気にかかる。

 

 私の姓は向原である。今でも、実家の吉利では、何百年も続いてきたであろう「うっがんさあ祭り(内神様祭り)」を毎年11月にやっている。向原、上原、冨ケ原、上内、下内という5つの姓の代表が集まり、神様を崇める。

 

 神様といってもただの石ころ3つなのだが、信心は鰯の頭ならぬ石ころをも神にする。左結のしめ縄とともに、毎年、神様の台座3つをワラで結って作る。まるで鳥の巣みたいだから、皆「といのす」と呼ぶ。けっこう面倒で、いつの間にか私が「といのす」作りの唯一の伝承者になってしまった。

 

 祭りには神主を呼ぶのだが、その祝詞の中に「向原門(かど)の向原祥隆」という文言が入る。「向原門(かど)」。まぎれもなく、鹿児島独特の江戸期の農民支配の仕組み「門割制度」の名残だ。「門」とは、農民たちが怠けないように作られた、5人組のような単位のこと。門ごとに、年貢を幾らと割り当てていた。

 

 この年貢がハンパではない。「八公二民」、収穫の八割を年貢として持って行かれた。

 吉利の殿様小松家の屋敷とその周辺の麓集落から、遠い向こうの原っぱ「向原門」を、我が先祖は割り当てられた。その下に「上原」、そのまた下のちょっと豊かな「冨ケ原」、そして「上内」「下内」という門が続いた。

 

 明治になって姓を付けるとき、鹿児島の農民たちは、たいてい門の名を姓にした。例の三反園氏、どう見ても門の名ですね。

 明治になって四民平等だ、やれやれ、年貢とはおさらばじゃ、とならなかったのが我が鹿児島。他県の武士があっという間に没落していったのに対し、鹿児島の田舎の武士、郷士たちは土地を持っていたおかげで権力関係を維持し、それは敗戦まで続いた。農民にとってみれば年貢が小作の上納に変わったに過ぎない。

 

 戦後は高度成長期という出稼ぎと集団就職の時代を迎え、過疎・廃村の今に繋がって行く。
 何百年昔と同様、土間に座り込んで今も「といのす」を作っているのだが、よくもまあ「八公二民」の年貢で生きてこられたものだと思う。

 

 ここで気が付くのは、それほど税金で持って行かれることのない今なら、5日のうち1日だけ働いて、年貢の分4日遊んでも生きられるということ。それほど豊かな大地なのだ。


 週に2日も働けば十分。

 逆に言えば週休5日制が成り立つのが鹿児島の田舎なのである。

 

 

 

 


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode