出穂・カメムシ・ネオニコ

 

 毎朝、アイガモの餌やりに田んぼに通うのだが、今日、8月21日、稲の穂が出始めているのに気が付いた。出穂(しゅっすい)だ。田んぼ作りでホッとする瞬間である。

 1反5畝、一斉に穂が出るわけではない。谷間の田んぼだから日当たりが悪い。中でも一番日照時間が多い西側の一画にだけ穂が見える。よく見るとかわいい雄しべを風に揺らしている。

 


 穂の上には、出穂を今か今かと待ち構えていたカメムシが陣取っていた。カメムシは受粉して米粒が膨らみ始めたら、ミルクのような汁を吸う。そうすると、米粒に黒い傷ができてしまう。普通の農家はカメムシを嫌って、この出穂の時期にネオニコ(ネオニコチノイド)の農薬を撒く。


 といっても、カメムシが吸えるのは大量にできる米粒の1、2%に過ぎない。1、2%なら、どうってことはないようだが、米の等級に差が出てしまう。農家は、収入に直結するから撒かないわけにはいかないとくる。

 

 このネオニコ、ミツバチの大量死の原因だと、ヨーロッパでは禁止されているが、日本ではガンガン撒かれている。
 そういえば、鹿児島の蜂飼いたちも、二ホンミツバチがずいぶん減ったと嘆いていた。ミツバチは花の蜜を吸うだけでなく、稲の花粉も幼虫の餌として集める。農薬入りの花粉を食べさせられたミツバチの子供はたまったもんじゃない。イチコロだ。

 

 「おいらは蜂蜜なんか好きじゃないし」なんて言っている場合じゃない。受粉するミツバチがいなくなれば、キュウリもスイカも、ナス、オクラにトマト、これからミカンの季節だ、あらゆる実のなる野菜や果物ができなくなる。野山の草や木も子孫を残せない。こりゃ大変!なことなのだ。


 以前、グリーンピースが、米の等級制度の見直しを訴える署名を集めていた。そりゃそうだ。自然を壊す農薬を使う代わりに、黒い傷米が1、2%混じっていても、文句を言う人はいまい。でも、農薬会社の政治工作もぬかりがないのか、禁止される気配はない。

 ともあれ、あと1週間もすれば、広い田んぼ中に稲穂が出そろうだろう。カメムシたちも大喜びだ。

 

 でも、うちのアイガモたちも黙っちゃいない。朝から晩まで、稲の根元を嘴でつついている。稲の葉や穂についている虫は、揺らされて水面に落ちる。カモたちの御馳走だ。

 

 

 今日、稲穂の上で見かけたカメムシは、カモの魔の手を逃れた貴重な生き残りなのだ。
 カメムシ君、お疲れ様。美味しいミルクがもうじきタンとできるよ。いっぱい吸っておくれ。

 


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode