カモ、米を食う

 

 8月21日、出穂。そろそろカモを田んぼから引き上げなければならないのは分かっていた。それでも、まだよかろう、と思っているうちに、ずるずると時は経っていった。

 

 そしてまず、最初の異変が起きた。朝、カモの餌やりに田んぼに寄ったのだが、カモが恐れて近寄らないのだ。いつもは、「早く餌をおくれー」と、ガーガーうるさく集合するのに。ん?なんで。いつもと餌箱の様子が違う。誰かが餌をやった形跡があった。
 集まったカモを棒でつついたか、一羽ちょろまかそうとしたか、連れていた犬がワンワンほえたてたか。いずれにせよ、カモは人生最大の恐ろしい目に遭い、人間不信に陥っていた。

 

「餌をおくれー」と集合するカモ

 

 二番目は、絶望の兆しだ。台風がそれてよかった、稲はちょっと倒れ気味で済んだ、とほっとしたのも束の間。倒れかけた稲にカモが集団で乗っかって、根こそぎ倒しているではないか。穂先の米はない! 米をバリバリ食べていたのだ。米の味をしめたカモは次々に稲を襲い食べ始めた。

 慌てて、罠を仕掛けたのは9月9日。定置網のように一度入ったら、出られないように網を張る。網の周辺には、たんと餌を撒く。

 

 アイガモ農家の橋口さんに、捕らえたカモを運ぶ籠を借りに行ったのだが、いかにも同情した顔で「カモは入らんかもなー」。わざわざ餌におびき寄せられずとも、美味しい米が無限にあるのだから。

 

 案の定、罠には入らない。いつもなら張った当日か翌日には一網打尽にしていたのに。3日経っても、5日経っても入る気配はない。
 宮崎の友人から電話があり、事情を話したら大笑いされた。「アイガモ米をアイガモが食べる。こりゃ愉快、ウケルー」だって。こうしているうちにも、米をバリバリ食べている。悪夢だ。

 

 あまりにも間抜けな話だから、誰にも言わなかったが白状する。以前脱走し確保していたカモを、おとりに使うことにした。足を紐で結んだカモを罠の内側において呼び寄せようという寸法だ。でもきつく結べば血行が悪くなる。手加減して紐を結んだカモを罠に放つ。なんてこった。10秒で紐を振りほどき、仲間の下に戻っていった。

 

 10日後、近所の年寄り2人に加勢を頼んで最後の手段、追い込み漁で何とか捕獲した。今、15羽のカモはトリ小屋の脇のカモ広場で平和に暮らしている。

 

 目出度し、目出度し、とはいかない。昨年までよその5枚の田んぼにいた雀たちが、5枚とも耕作をやめたもんだから、今年はうちの田んぼに居ついてしまったのだ。群れは40羽。朝から晩まで、アイガモ米を食べている。

 

雀に食べられた米


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode