4月、県議選

 

 長引きそうと思っていた蓄膿も、さらの悠ちゃんが教えてくれたドクダミ療法で、あっという間に完治した。ドクダミがなかったから、ツワの葉をもんで鼻に詰めていた。するとどうしたことか、その翌日、スーッと黄色い鼻汁が流れ出た。ティッシュで拭き取っても、後から後から流れてくる。

 噂に聞く蓄膿完治のサインだ。

 

 3月16日は串木野に出向いた。原発反対の木下かおりさんが、県議選に出るという。その事務所開きだ。
 何か喋れというので、串木野に関係のある話をした。

 

 皆さん、食べ物で串木野名産と言えばなんでしょうか。そう、つき揚げです。
 なぜつき揚げが名産になったかと言えば、魚が一杯獲れたから。川内川から流れ込む養分がプランクトンを育み、潮下に当たる寄田、土川、羽島、串木野に至る岩礁地帯は、それこそ豊饒の海だった。食べきれないほどの魚が獲れるものだから、余った魚や小魚をすり身にしたというわけ。

 

 ところが今、つき揚げの原料の9割が、ロシアのスケトウ。魚が獲れなくなったのだ。漁獲はかつての5分の1。

 串木野の魚が獲れなくなった理由は、串木野市民もほとんど知らないのだが、まぎれもなく川内原発のせいだ。

 

 川内原発は川内川と同じ流量を常時取水している。その取水口で一日3トンの次亜塩素酸ナトリウムを投入して、プランクトン、魚の稚魚、卵を皆殺しにしている。さらに温廃水としてその塩素も放水口から流している。原発から土川、羽島まで、ワカメ、ヒジキといった海藻は全滅だ。藻の生えない海に魚はいない。

 誰も知らない間に、死の海にされていたのだ。

 

 陸上も、串木野は風下だ。排気口から放出される放射能に晒されて、実際健康被害も生じている。まさに踏んだり蹴ったりの街である。

 

 嬉しいことに、原発の寿命は40年と決まった。川内1、2号機は今年で満35年と34年だ。あと5年で原発とはおさらばだ。そうなのだが、寿命の1年前までに20年延長申請ができるという例外規定がある。

 

 申請の時期は、次期県議の任期中だ。こう考えると、あと5年で終わるのか、20年延長を認めるかを決する、重要な県議選である。

 いちき串木野市の木下かおりさんは共産党で、その前に応援に行った薩摩川内市の遠嶋春日児さんは社民党だ。私は政党なんて関係ないのだが、気になることがある。遠嶋さんの会には共産党の顔が見えず、木下さんの事務所開きには社民党の姿がなかった。

 

 野党統一の時代である。原発廃炉に向けて、ぜひ手を結んでほしい。切なる願いだ。

 

原発による海の破壊を詳しく述べた『原発に侵される海』

(水口憲哉著、南方新社)

 


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode