シーガン獲り

 

 6年前に出した『海辺を食べる図鑑』は、いまだに好調な売れ行きを見せている。海辺の貝、海草、魚はもちろん、ウニ、ヤドカリ、ナマコ、カニまで136種類の獲り方、食べ方を紹介する本だ。136種といっても、まだまだ未掲載の種類も多い。

 

 釣り好きの友人から、ハゼが未掲載なのは残念だという電話があった。ハゼは鹿児島ではあまり見ないが、宮崎以北では普通にいて人気の魚だ。こいつは昨年、本の営業がてら大淀川で竿を出してものにした。

 

 奄美、沖縄では普通に釣れるモンガラカワハギの仲間も載っていなかった。皮が分厚く硬いため、包丁では歯が立たない。料理バサミで肛門から皮を切れば大丈夫。食べ方を知らず、ポイする人もいる。もったいない。これも、料理法を含め何種か写真に収めた。
 こんなふうに刊行後もどんどん追加しているから、もう300種ほどにもなったろうか。


 だが、もう一つ、絶対載せたいものが手つかずで残っていた。シーガンだ。奄美、沖縄ではずっと昔から食べられてきたから外すわけにはいかない。シーはサンゴ礁を指す。ガンはカニだ。サンゴ礁のリーフの先端、波の当たる際にいる。

 

 いつでも獲れるわけではない。潮が大きく干上がる大潮の干潮でなければ、奴らの住処までたどり着けない。しかも、6月の梅雨時の産卵前が最高にうまい。となれば、一年の内にチャンスは6月の2度の大潮のときだけ。潮見表で確認したら6月5日水曜日が大潮だ。平日だけど船中2泊を含めて3泊の奄美行きを決行した。 

 

 干潮は午後2時。1時過ぎに北大島の目当ての海岸に着き、リーフの先端を目指す。潮が引いているので先端まではかなりの距離だ。それでも、気がはやるもんだから岩の上をピョンピョン跳ねていく。

 

 

 

 波の打ち上がる先端に着いた。目指すシーガンは穴の中に潜んでいるから、タコの切り身を棒の先に結び付け、それでおびき出す。
ホレ、ホレと、穴にタコを突っ込んでいく。おっ、動かない。カニが爪でタコの身を引っ張っているのだ。穴の中のカニは獲れない。穴の入口から10僂らい離してタコを躍らせ穴の外へおびき出す。ほら出てきた。すかさず手でゲット。こんな具合で次々にクーラーボックスに収まったカニは、およそ50匹になった。

 

 

 

 

 

 

 潮が上がるまでの2時間、十分遊んだ。だが、海には誰もいない。平日に海で遊ぶ暇人は島にいないのか。それとも、食べ物はお金で買う時代、シーガン獲りは見向きもされなくなったのだろうか。

 

 

 

 

 

すり鉢で潰して、茹でて出汁をとる。

出汁は味噌汁、天津飯の甘酢ダレほか、濃厚なカニの風味が楽しめます。

 

 


関連する記事

プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode