包丁一本


 「オーイ、向原、獲ったド。ちょっと小さいけどな」とウナギ仲間の野田さんが、近くの川で獲った一匹を会社に持ってきた。



 会社の何人かに、「あんた、持って帰っていいぞ」、と声をかけるが、なんだか迷惑そう。聞くと、どうしていいか分からないという。

 最近では、自分で魚をさばける若い女性はほとんどいないという。スーパーでも切り身ばかり。へたすると、小骨まで取ってある。さばいた後の魚の内臓を、ごみに捨てるのが面倒という話も聞いた。うちなんか、トリ小屋に放りこんだら大喜びでトリさんたちが食べてくれるが、そうでなくても、ビニール袋に包んでおいたら、臭いも気にならないはずだ。
 要は、包丁を握ったこともなく、ましてや魚やウナギなどさばこうと思ったことさえないのだ。何たること!

 ウナギはスーパーで焼いたものを買うか、ウナギ屋で食べるものと思い込んでいる。だが、抗生物質やれ、成長ホルモンやれで、半年やそこらで促成されたものと違って、小さくても3年は川で泳ぎまわっていた腕白だ。ものが違う。
 能書きを垂れつつ、けしからんとか言っている間に、会社の台所でさばいて食べようということになった。

 ところが、にょろにょろ動き回っているウナギを気味悪がって誰も近づこうとはしない。結局私がさばくことになった。
 とにかく食えればいい、というわけで、4つにぶつ切り。そのままでもいいのだが、ちゃんと開いて、硬い背骨は取ってあげた。



 ガスコンロのグリルに並べて火にかける。焼けたころ合いを見て粗塩を振って皿に盛ったら出来上がり。ホラ、と差し出されたウナギの白焼きを恐る恐る口にしたスタッフから、ワーッと歓声が上がった。



 「なんておいしいの」
 「こんなのは食べたことがない」

 おいしいはいいけど、君たち。魚でもウナギでも、先ずものの違いを知りたまえ。養殖ものか、天然ものか、ここには雲泥の差がある。
 その次に鮮度だ。雨上がりの晴天続きは大漁に決まっているから、魚屋に行けば山のように新鮮な魚が並んでいる。さらに、ものの鮮度もさることながら、調理してからの時間も短い方が断然うまい。
 刺身でも、切って時間が経ったのと、自分でさばいたのとは、天と地ほどの差がある。もちろんうまいのは自分でさばいたものさ。おまけに、お金も何分の一かで済む。

 お金を掛けず、おいしいものを食べたいなら自分でさばくべし。まずは、マイ包丁一本。そこからスタートだ。

秋はカニ!


 人間たまには息抜きも必要だ、ということで、最近週末の夜は、時間を作って海に行く。桜島桟橋の北側、沖に張り出した防波堤に、立入禁止の看板も何のその、テトラをひょいひょいと飛びながら渡っていくのだ。
 ちょっと難易度が高いので、あんまり釣り人はいない。ゆったりと海に向かうことができる。



 狙いは何かといえば、ミズイカ。まず、日のあるうちに小魚(ネンブツダイ)を釣る。エサは前回釣ったイカの足を細かく切ったやつ。出費ゼロの完全循環が成立しているぜ、えっへん。

 日が落ちると、この小魚を生餌に仕掛けを海に放り込む。たいてい8時ごろまでに2、3匹はイカが食いついてくる。
 なにせミズイカはイカの王様。甘味の強い刺身には定評がある。こっちは釣りたてだから、さらにうまいのなんの。スミ袋は丁寧に取って味噌汁に入れたら真っ黒なスミ汁になる。奄美ではマダ汁と言って大人気。深いコクのある味は病みつきになる。
 はらわたやゲソ、剥いた皮は細かく切って醤油に漬け込んだら2、3日でなじんで立派な塩辛になる。これもうまい! ごはんに乗っけたら何もいらない。

 そんなことを思い、つばを飲み込みながら、電気ウキを眺めるのだが、潮が止まり、うんともすんともいわないときもある。



 先日、そんな暇なとき、波打ち際を懐中電灯で照らしたら、なんとカニがテトラにへばりついていた。タモ網でゲット。丁寧に探ると、ここにも、あそこにも。だが、敵も逃げ足が速く2匹目からは簡単にはいかない。結局、その日はイカ1匹、カニ1匹だった。

 味噌汁にしたカニに味をしめ、次からは、イカ、カニ両刀遣いを目指すようにした。
 スーパーで魚のアラを確保。テトラの隙間に引っかかっていたテグスでアラをしばり、そこらで拾った竹に括り付け、テトラの波打ち際に揺らしておいた。

 うん?波にもまれていたアラが動かない。そうなんです。匂いを嗅ぎつけたカニがアラを掴まえているのです。アラに夢中に食いついていたカニを、アラごと網でゲット。また置いておくとカニ、またカニ。こうしてザクザク獲ることができた。
 塩ゆで、味噌汁、焼きガニもいい。小ぶりだが、北海道の毛ガニにも負けない味の甘さと濃さだ。うん。秋はカニ!なのだ。

 

 


 ちなみにカニは、ショウジンガニ、イボショウジンガニ、イシガニ、ベニツケガニなど多岐にわたる。毒のあるやつはテトラにいないから安心だ。

沈黙の海


 釣り好きの私は、かつて30年ほど前、キスの大釣りをしたことがある。場所は吹上浜の真ん中、東市来町江口の砂浜。ヒョィと投げるだけで、大振りのキスが5本針に全部食いついて5匹釣れた。次も5匹、その次も、そのまた次も5匹。1時間弱で、あっという間に100匹だ。50センチもあろうかというカレイも釣れた。

 もうこれ以上はよかろうと、帰る直前、もう一度獲物を確認。うん、ほれぼれする。砂にまみれたカレイを海で洗って眺めようと邪心がわいた。波打ち際で海水に浸けた、まさにその瞬間、死んだふりをしていたカレイは大きく跳ね返り、手をすり抜けて波間に消えた。私は呆然と見送るほかなかった。
 このキスの大釣りと、逃げたカレイは死ぬまで忘れないだろう。

 そういえば、子どもの頃、江口の少し北の市来に暮らしていたが、市来海岸でもめっぽうキスが釣れた。旧式のリールで、すぐ糸を絡めたものだが、たいていの大人は100匹以上ゲットしていた。塩焼きのうまかったこと!

 でも最近、キスの音沙汰はない。数年前に行った江口では、2、3時間かけてやっと4、5匹というていたらく。
 釣れないのは、腕のせいか、時期のせいか、新しくできた突堤のせいか、などと首をかしげたが、深く考えることはなかった。それが、今編集中の本で目からウロコが落ちた。

 東京大学が吹上浜の3カ所で行った稚魚調査で、キスの稚魚は北から38、351、1万4131。北は串木野、中央は江口の南、南は加世田の浅場だ。目の細かい巨大な網で大規模に海岸をすくって、1匹1匹確認した結果だ。なんだ、北に行くほどいないじゃないか。釣れるはずはない。

 じゃあ、原因は? 著者の水口憲哉東京海洋大学名誉教授は、原発のせいだという。川内原発は1、2号機で川内川と同じ流量の温廃水を出す。出すということは、同じ量だけ吸い込んでいることになる。
 10ミリ四方の網で漉し、除去する。通り抜けた稚魚や卵、プランクトンは次亜塩素酸ナトリウムで殺す。膨大な生き物の虐殺が、稼働以来30年間、人知れず延々と続いてきたのだ。

 すでに吹上浜の北部中部海域は、「沈黙の海」となっていた。

 日本と違って海外では、原発の取水による生き物の衝突・除去、連行の問題は、ずっと以前から注目され、数多くの論文も発表されている。本書『原発と海洋環境破壊』(仮)は、豊富な海外の事例を引いて、原発周辺の漁獲激減、バショウカジキ、ブリ等の回遊ルート変更、海洋生物の絶滅など、海の異変を詳細に分析した日本で初めての本となる。


プロフィール

南方新社

南方新社
鹿児島市の郊外にある民家を会社にした「自然を愛する」出版社。自然や環境、鹿児島、奄美の本を作っています。

南方新社サイト

カテゴリ

最近の記事

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode